08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
産業・経済
2013年1月26日(土)9:00

「宮古-那覇」の運休を発表/スカイマーク

4月から3カ月間/競争激化で搭乗率低く


4月から3カ月間の運休が決まったスカイマーク

4月から3カ月間の運休が決まったスカイマーク

 2011年に宮古-那覇間の就航をスタートさせたスカイマークが25日、同区間を4月1日~6月30日までの3カ月間運休することを発表した。


 運休の理由について同社は「2011年9月から運航してきたが競争環境の激化で一定以上の搭乗率の確保が困難になり、収益面から運休の判断となった」と説明し、理解を呼び掛けた。

 同社によると、2012年4月から12月までの平均搭乗率は32・8%で、この数字について「良い数字とは言えない。7月から運航を再開する予定だが現在の3往復6便についても検討しているし、運賃についても今後検討して決定次第発表したい」と述べた。

 昨年7、8月の繁忙期における乗率率は7月が28・4%、8月が23・3%と30%を下回っていた。

 同社の「宮古-那覇間」は当初、5往復10便で運航をスタート。さらに格安運賃での運航となったことから、同じ路線を持つ日本トランスオーシャン航空、全日空も格安運賃を導入して対抗した。

 価格競争の激化にともない、利用客の取り組みに苦戦。昨年9月には3往復6便に減便した。

 その際の説明では「全体の機材繰りの見直しによるもので路線ごとの採算性ではなく、全就航路線での採算性を重視しているため、特に不採算路線を減便するためのものではない」との見解を示していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!