01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
環境・エコ 産業・経済
2010年6月6日(日)19:26

肉用牛 臨時競りの決定先送り/県とJA、防疫を重視

「現段階ではリスク高い」
 宮崎県で発生した口蹄疫(こうていえき)問題で、県とJAは5日、那覇市のJA会館で県内家畜競りの臨時開催に向けて協議したが、結論には至らなかった。県内に口蹄疫を侵入させないよう防疫を重視、開催の決定を先送りした。JA沖縄中央会の赤嶺勇会長は「切羽詰まっている農家の苦しみも分かるが、他県、特に宮崎県の状況を見ながら判断していきたい」と述べ、生産農家に理解を求めた。

 口蹄疫の侵入を防止するため、肉用牛を含む県内の家畜競りは5~6月と2カ月連続で中止となり、生産農家は大きな経済的損失を被っている。
 
 このような事態を受けて県とJAが臨時競りの開催を検討。宮崎県えびの市の口蹄疫終息を踏まえて開催の可否を協議した。
 
 ただ、防疫の観点から「現段階においてはリスクが高い」と判断した。宮崎県の口蹄疫対策をはじめ、牛の海上輸送の問題などを協議したが「もう少し様子を見るべきだ」(赤嶺会長)とする方向でまとまった。
 
 赤嶺会長は「えびの市は終息したが宮崎県ではまだ広がっている現状がある。あとしばらくは様子を見ないといけない」と防疫の重要性を強調。ただ「そんなに長く(待つこと)はない。あとしばらく我慢してほしい」などと述べ、引き続き臨時競りの開催を検討していく意向を示した。
 
 宮崎県えびの市の口蹄疫は終息したが、川南町などでは拡大しており、6月4日現在で271例目の感染疑似牛が確認されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!