08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
産業・経済
2013年2月28日(木)9:00

天気に恵まれ豊作/冬春期野菜

2月ゴーヤー、前期比1.6倍


好天に恵まれ連日大量のゴーヤーが入荷している=27日、JA平良支店野菜集出荷場

好天に恵まれ連日大量のゴーヤーが入荷している=27日、JA平良支店野菜集出荷場

 今年の宮古地区の冬春期出荷野菜は、天候に恵まれ豊作型の作柄で推移している。2月1日から22日までにJAに入荷したゴーヤーは114㌧と、前年同期の70㌧と比べ1・6倍。トウガンの入荷量も2月は120㌧程度が見込まれ、前年の85㌧より4割ぐらい増えそうだ。


 宮古島地方気象台によると、1~22日までの合計日照時間は90・3時間で前年同期の50・9時間より約40時間長い。平均気温は20・2度と2月の平年値18・2度と比べ2度高い。農家や関係者らは「豊富な日照と、温暖な天気が野菜の生育を促進している」と豊作の要因を分析する。

 JA平良支店野菜集出荷場は、農家がゴーヤーを次々と運び込み、職員も選別作業に追われるなど活気づいている。

 宮国照男さんは27日、113㌔を搬入した。受粉から収穫までの期間が約2週間と短いため、1日当たりの収穫量は、昨年と比べ20㌔近く増えたという。「今年は豊作なのでうれしい」と満面の笑みだった。

 今年度から、本土への野菜輸送費が補助されることになった。飛行機の場合、宮古から出荷する野菜の1㌔当たり補助額は115円以下となっている。

 JAは「輸送費補助制度は、農家所得の安定と向上に結び付く。農家の生産意欲も湧く」と期待を寄せる。

 鍋物に向くトウガンは寒波の影響で、鍋物需要が増えたためキロ単価240~250円の高値で推移している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!