08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2013年3月20日(水)9:00

宮古島から暴力団追放を/先月の傷害・死亡事件受け

22日に総決起大会を開催


暴力団排除のための市民総決起大会開催について発表する(右から)下地市長と安谷屋政秀総務部長、島尻強市民生活課長=19日、市長室

暴力団排除のための市民総決起大会開催について発表する(右から)下地市長と安谷屋政秀総務部長、島尻強市民生活課長=19日、市長室

 宮古島で先月、暴力団関係者による傷害・死亡事件が発生したことを受け、宮古島市と宮古島警察署など関係機関が共催で「暴力団排除宮古島市民総決起大会」を22日午後2時30分から、マティダ市民劇場で開催することを決定した。下地敏彦市長は19日、会見を開き、「暴力団を排除する強い意志を示すために、多くの市民に参加してほしい」と呼び掛けた。



 同事件は2月18日午後10時20分ごろ、市平良西里(通称・イーザト)で発生。総決起大会は、このような事件に市民が巻き込まれることのないよう、宮古島から暴力団を追放する意志を明確にすることを目的に開催される。市、宮古島警察署のほか、暴力団追放県民会議、宮古島地区防犯協会、宮古かぎすま安全なまちづくり推進協議会による共催。


 市長室で会見を開いた下地市長は「大会で、宮古島から暴力団を排除するという強い意志を示したい。安全・安心なまちづくりは市民とともに取り組むべき。ぜひ多くの市民に参加してほしい」と大会への参加を呼び掛けた。


 市では2009年9月、同年7月に発生した暴力団関係者による殺人・殺人未遂事件を受け、「暴力団追放市民総決起大会」を開催。その後、11年10月に県暴力団排除条例、12年1月には市暴力団排除条例が施行。そして現在、開会中の市議会3月定例会へ、公共工事や民間事業などへの暴力団関係者の関わりを排除することを目的に、市暴力団排除条例の一部を改正する条例案を提出している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!