08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
産業・経済
2013年3月21日(木)9:00

各地でキビ春植/株出と連作の利点鮮明

春植えに励む農家=20日、上野ヤーバル地区

春植えに励む農家=20日、上野ヤーバル地区

 18日の雨で畑が潤ったのを見計らって、宮古の各地でサトウキビの春植が行われている。上野のヤーバル地区で20日、作業を頑張った上地博昭さん(65)は「春植は、株出につなげるのが一番のメリット。キビの栽培環境は、株が出なかった以前と比べ、大きく変わった」と強調した。


 今ごろ植える作型は、季節にちなみ「春植」、収穫後に出る株の栽培を「株出栽培」と呼ぶ。

 上地さんによると、1年に1回収穫する両作型の平均反収は6㌧、現在主流で2年1回収穫の「夏植」が8㌧。上地さんは「春植-株出体系(2年間)の反収は12㌧になり、夏植の8㌧を上回る。春植は株出につながるだけでなく、来年夏の夏植の苗にもなる」と述べ、春植が所得向上や土地の利用率向上に結び付くことを示した。

 ハリガネムシに有効な新農薬の使用やアオドウガネの成虫を光でおびき寄せて捕獲する誘殺灯の大量設置に伴い、ほとんどのキビ畑で株が出るようになり、現在は「春植-株出」栽培が十分可能になった。以前は、両害虫が根の芽などを食い荒らし株が出なかったため、春植-株出栽培は難しかったが、今では同課題が解消された。

 県農業研究センター宮古島支所によると、春植はできるだけ早い時期に植えた方が良い。理由に①長い期間育てて収穫量を増やす②大きく育ったキビは干ばつや台風に強い-などを挙げる。発芽率を良くするために、苗は浅めに植えて、土壌を乾燥させないようにかん水をすることも助言する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!