08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
イベント スポーツ
2013年4月18日(木)9:00

外国人招待選手が来島/トライ大会

連覇、上位入賞狙う/きょうは国内組が宮古入り


外国人招待選手1/金子

外国人招待選手1/金子

 第29回全日本トライアスロン宮古島大会に出場する外国人招待選手6人が17日午前、宮古島入りした。18日には28回大会2位の西内洋行、同3位の平松弘道選手ら国内招待選手が宮古島入りする。


 昨年の大会で総合優勝を果たしたA・ブロックヒン選手(ウクライナ)をはじめ、昨年の女子優勝のB・ゴエーツ選手(ドイツ)、M・バートン選手(オーストラリア)、D・ヴィンブライアー選手(ドイツ)、H・グレガー選手(同)とR・クロバチャー選手(アメリカ)の6選手。

 連覇がかかるブロックヒン選手は「宮古島に帰ってこられてとてもうれしい。自分にとってはシーズン最初のレースなので、完走とともに優勝を目指したい」と力強く述べた。

 女子連覇を狙うゴエーツ選手は「手術した右かかとに不安があるので、体調は昨年よりは良くない。ランは足の状態が分からないのでバイクに全力で臨み先行したい」と述べた。

 ヴィンブライアー選手は「ドイツは寒かったので、宮古島の暖かさがうれしい。風邪で少し体調を崩しているが、大会当日までには万全な状態にしたい。バイクの練習が余りできていないが、全力を出してレースに臨みたい」と意気込みを話した。

 バートン選手は「気候は多少湿度が高いが、オーストラリアと似ている。コンディションはとても良く、自分の力を出し切って、1位を狙う」と優勝への自信を見せた。

 ゴエーツ選手の婚約者グレガー選手は「招待に大変感謝している。体調もとても良いので良い結果が出せればと思っている。ぜひ完走したい」とレースへの抱負を述べた。

 初出場のクロブシャー選手は「コンディションはとても良い。初参加なので他の選手のようなプレッシャーもなく、自分の力を出し切ってしっかりとしたレースをしたい。目標は9時間以内の完走を目指す」と力強く抱負を語った。

 それぞれの選手は21日までの間、本大会に向け宮古島で最終調整を進める。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!