07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
産業・経済 社会・全般
2010年9月9日(木)15:45

10‐11年産は29万8000㌧/キビ生産量調査

4年連続の豊作が確実となった10-11年産サトウキビ=8日、平良松原

4年連続の豊作が確実となった10-11年産サトウキビ=8日、平良松原

4年連続30万㌧台に弾み/反収減、収穫面積でカバー

製糖各工場など関係機関が実施する2010-11年産サトウキビの第1回生産量見込み調査の結果がまとまった。多良間島を含む生産量は29万7980㌧で、前期第1回調査と同水準の生産量を維持した。


 前期に比べて反収(10㌃当たりの収量)の減少が見られるが、収穫面積の増加などでカバー。生産量が30 万㌧台に達する可能性は高い。


 宮古島市のまとめによると、宮古本島と伊良部島の生産量は27万1880㌧。地区別では▽平良7万3959㌧▽城辺8万314㌧▽下地3万6310㌧▽ 上野2万3030㌧▽伊良部5万8266㌧-。前期調査時と比較すると城辺地区で約4000㌧増、下地と上野でも増加した。


 生産量は3地区で増加しているが反収は全体的に減少。前期は5地区平均で7・6㌧の反収を見込んだが今期は7・1㌧となり、各地のほ場で茎数の減少が見られる。要因は昨夏の干ばつ被害で、夏植え時期に降雨が少なく発芽率に影響した。

 ただ、収穫面積の増加が全体の生産量を押し上げて反収の減少をカバー。急速に普及しているプリンスベイト剤効果もあり、すべての地区で生産量に大きな落ち込みはない。


 多良間島では前期調査時より3300㌧多い2万6100㌧を見込む。収穫面積はやや減少しているが、反収が9・5㌧と多いため増産傾向にある。


 宮古地区全体で見ると、第1回調査比較における生産量は74㌧減少(前期は29万8054㌧)しているが、来年の収穫時に30万㌧台に達する可能性は極めて高く、4年連続の豊作は確実な状況。


工場関係者は「茎数の減少はあるが、昨年の干ばつという厳しい気象条件を考えればこの段階で29万㌧の生産量は良い成績。30万㌧台は大丈夫だろう」などと話している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!