08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
社会・全般
2013年5月18日(土)9:00

宮古でも単独ワクチン不足/風しん

関東中心に大流行で危機感
県、市が混合接種を呼び掛け

 昨年から関東地方を中心に風しん患者が急増し、今年はすでに5月の段階で昨年1年間の総計の2・5倍と大流行している。多くの観光客が来島する夏の観光シーズンを前に宮古福祉保健所(仲宗根正所長)でも管内における流行に危機感を募らせている。その一方で宮古を含め県全体で風しんの単独ワクチンが不足している。同所では「単独ワクチンは不足しているが『麻しん・風しん混合ワクチン』は在庫があるので値段は割高になるが積極的に混合ワクチン接種してほしい」と呼び掛けている。


 昨年の全国における風しん報告数は、2392人で過去5年間では最も多い報告だった。さらに今年は5月5日現在ですでに5000人を超え5964人となっている

 風しんについては県だけでなく、宮古島市福祉保健部健康増進課でも発生予防のため、これまで風しんにかかっていない人や予防接種を受けていない人および妊婦可能年齢の人に積極的な予防接種を呼び掛けている。

 同課では「特に男性の20~40代は過去の接種率が低い。また、1979年4月2日~87年10月1日までの生年月日は男女とも接種率が低いので注意してほしい」としている。

 ワクチン接種は有料で風しん単独のワクチンは5000円前後だが「麻しん・風しん混合ワクチン」は8000~9000円となっている。

 
 宮古福祉保健所によると、ワクチン接種につては民間の医療機関で実施しており、予約が必要な病院もあることから電話で確認した上で接種を行うよう呼び掛けている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!