07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
産業・経済
2013年6月20日(木)9:00

去勢子牛が51万円/6月牛競り

6年半ぶりの超高値/全国的な子牛不足影響

 宮古の2013年6月期の去勢子牛価格は51万3000円と、06年12月の52万1000円以来6年6カ月ぶりに、50万円の大台にのった。雌子牛を含めた子牛の1頭平均価格は、前月比3万7219円高の47万3855円。子牛価格の40万円台は昨年の11月以来、8カ月連続となった。


 宮古家畜市場の競りは、午前9時から始まった。農家は、高水準の高値に明るい表情だった。

 JAおきなわ宮古畜産振興センター畜産部は、高値の一番の要因に、全国的な子牛不足を挙げた。背景には安愚楽牧場の経営破綻や福島県の原発事故、農家の高齢化-などがあるという。

 計画交配による肉質の高い牛への改良促進も、理由に示す。

 19日までに競りが終わった県内各市場の子牛価格は宮古の47万円が最も高く、他市場に2万円程度の差をつけた。宮古産子牛の高値は、改良の成果を反映しているという。

 06年には5月と10月、12月の3回、50万円台を記録した。この時はBSE(牛海綿状脳症)に伴うアメリカ産牛肉の輸入制限措置などが、価格を押し上げていた。

 6月の競りには子牛は407頭上場され、406頭競り落とされた。

 子牛の取引金額は、1億9238万円。総販売体重が10万3110㌔で、平均キロ単価は1866円(前月比142円高)となった。1頭平均体重は254㌔だった。

 1頭当たりの最高価格は、63万円、最低は33万4950円だった。

 性別の1頭平均価格は去勢が前月比3万6773円高の51万3209円、雌が42万8221円(同比3万2653円高)。6月は去勢、雌ともに上げ幅が大きかった。

 成牛を含めた上場頭数は454頭で、452頭の取引が成立した。1頭当たりの平均価格は45万757円。性別では去勢が51万3209円、雌39万2574円となった。平均キロ単価は1638円。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!