07/06
2022
Wed
旧暦:6月8日 先勝 庚 
教育・文化
2014年1月26日(日)9:00

方言で民話やコント/中学校文化連盟主催、お話パフォーマンス大会

「豊見親賞」上野中1年など/地域の文化引き継ぐ


大会に出場した生徒たち=25日、市中央公民館

大会に出場した生徒たち=25日、市中央公民館

 宮古地区中学校文化連盟(宮国敏弘会長)は25日、第3回方言お話パフォーマンス大会を市中央公民館で開催した。出演したのは12校の40人。おじいやおばさんから習った地域に伝わる方言を使い民話や民謡、コント、紙芝居、方言劇などを元気いっぱい発表。審査の結果、3部門の「豊見親(トゥイミャー)賞」は上野中1年(お話・研究発表)と伊良部中1年の仲間まひるさん(民謡)、福嶺中1年(コント)がそれぞれ獲得した。

 開会式で宮国会長は「中学生に地域文化の魂を引き継ぐことは、未来への投資として重要なこと」とあいさつした。

 会場には大勢の保護者や祖父母らが訪れ、生徒たちに大きな拍手を送った。コントや喜劇は爆笑を誘った。

 舞台は12人の生徒たちによる「とうがにあやぐ」(協力・久田多嘉子舞踊研究所)で幕を開け、この後各演目が繰り広げられた。

 豊見親賞を受賞した上野中1年の演題は紙芝居「不法投棄ヤメルンジャー」。総合的な学習の内容を方言バージョンで発表し「ストップザ、不法投棄」と訴えた。

 仲間さんは伊良部で生まれ、歌い継がれてきた名歌「伊良部トーガニ」を情感豊かに歌い上げた。

 福嶺中1年は方言を理解できない若い介護士と施設入所者(お年寄り)のユーモラスな言葉のやりとりを通して、介護現場における意思疎通の問題点を指摘。若者とお年寄りの「こころの架け橋」である方言の大切を訴えた。

 豊見親賞を取った生徒たちは「受賞はうれしい。今回の発表を機会にこれからも方言をもっと勉強したい」などと笑顔いっぱいに話した。

 同大会には上原愛姫さん(佐良浜小5年、民話大会教育長賞)と村吉梨子さん(下地小4年、民話大会市長賞)も特別出演し花を添えた。
 入賞と発表者は次の通り。

 【豊見親賞】上野中1年(新里勇貴、仲間大夢、小田切克己、新里晏生)▽伊良部中1年(仲間まひる)▽福嶺中1年(中田右納、運天冬華、根間愛斗、運天凱飛、大城蓮太、松川大晟)

 【黄金(クガニ)賞】西辺中3年(盛島大雅)▽福嶺中2年(砂川美紗樹、池間廉、中田光洋、新里健太、下地ひかり)▽平良中3年(立津佳恵、濱川志帆)▽砂川中2年(饒平名竜矢)▽下地中1年(花城夕梨々、石嶺花鈴)▽狩俣中1年(平良崚温)▽砂川中1、2年(下地美仁、下里空士、仲地竜希、久貝爽真、多良間彬登)▽城辺中2年(池間彩紀、濱川玲華)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!