07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
環境・エコ
2014年1月30日(木)9:00

野鳥のオアシス確保を

貯水池に水補給を要請/野鳥の会など


水が枯渇して干上がった通称ひょうたん池=29日、大野山林

水が枯渇して干上がった通称ひょうたん池=29日、大野山林

 平良の大野山林内で野鳥の水飲み場の目的で整備されている3カ所の人工貯水池が昨夏の長期干ばつなどの影響で干上がっているとして、宮古野鳥の会(仲地邦博会長)など5団体が29日、市役所平良庁舎を訪ね、下地敏彦市長に各貯水池に水を補給するよう連名で要請した。下地市長は「分かった」と述べ、貯水池整備に積極的に取り組んでいく姿勢を示した。貯水池の水底には小さな水生生物の環境に適した川の玉石を敷き詰める方針。

 要請した団体は、宮古野鳥の会のほかに、宮古虫の会(砂川博秋代表)、宮古自然クラブ(岡徹代表)、宮古青少年の家(安慶田昌宏所長)、宮古写真愛好家協会(与儀一夫会長)。

 通称ひょうたん池は、林緑部に整備され全露天型、通称竜の池はほとんど緑の屋根に覆われ、もう一カ所の池は半露天型。水の枯渇原因は、昨夏の長期干ばつと貯水池の内部に設置されている防水シートの劣化とみられているが、原因は特定されていない。

 仲地会長は「三つのため池は大野山林のほかの地域に比べて生物多様性が豊かである。それを利用して児童生徒や一般市民向けの植物観察会、昆虫観察会、野鳥観察会などが催されてきた。しかし、ため池に水が無くなれば生物がいなくなってしまい、観察会ができなくなる。良い環境教育の場が無くなりそうだ」と危機感を募らせている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!