07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
環境・エコ
2014年2月5日(水)9:00

ツバキ200本を植樹/伊良部島新緑会

30人参加し緑化活動


伊良部島新緑会のメンバー=2日、伊良部島の塩田公園

伊良部島新緑会のメンバー=2日、伊良部島の塩田公園

 伊良部島新緑会のメンバーが2日、伊良部島の塩田公園などにツバキ200本を植樹した。同公園周辺の清掃活動も行い、緑化と環境の美化に努めた。今回の活動には島内外から約30人が参加、緑化への関心は広がりを見せている。

 新緑会は2008年に結成され、毎年この時期に植樹と清掃を実施し、緑を増やす運動を続けている。

 活動は本土で暮らす伊良部出身者を中心に広がり続けており、今回は東京と千葉から2人ずつ、愛知、大阪、兵庫からそれぞれ1人が駆け付け、地元からは約20人が参加した。

 この日は塩田公園のほか下地島やゴルフ場にもツバキを植えた。参加者は小雨の中、重機やスコップで土を掘り起こし、一本一本の木を丁寧に植え付けた。

 活動後は交流会を開いて和やかに交流。1日を振り返りながら一層の緑化活動の展開を誓い合った。

 東京から参加した小野江里子さんは、昨年、新緑会発起人の平良玄照さんと知り合い、緑化活動への参加を決めた。「ここにいるみんなが伊良部島のことを大切に考えている。ぜひ私も参加してこの活動を広めたいと思った」と話した。

 発起人の平良さんは「活動が広がっているのでうれしい限り。今後も島の緑を広げていきたい」と活動の充実に意欲を示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!