07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2014年2月15日(土)9:00

「ゆいレールJr」発車/宮工カート同好会

初のオリジナル機関車お披露目


生徒たちだけで完成させたオリジナル機関車「ゆいレールJr」のお披露目会=14日、宮古工業高校

生徒たちだけで完成させたオリジナル機関車「ゆいレールJr」のお披露目会=14日、宮古工業高校

 宮古工業高校のカート同好会(濱口竜一会長)は14日、同校で同会の生徒たちだけで製作したオリジナル機関車「ゆいレールJr」のお披露目会を行った。

 ゆいレールJrは、全長199㌢、全幅は32・5㌢、全高は41㌢。ボディーは1㍉厚の鉄板でタイヤはミニバイク用の16インチを採用した。 

 エンジンはリーファン社製の単気筒125cc。車輪は二つで走行時の安全のため補助輪を2個装着している。乗員数は2人(客車全体で4人)となっている。

 製作にあたっては、同校にあるSLをヒントに機関車を作ることを決め、県のシンボルである「ゆいレール」をモチーフにすることにした。 

 カート同好会は1、2年の生徒7人で構成し、昨年の12月中旬ごろから製作をスタートさせ今月初旬に完成となった。

 お披露目会で、濱口会長(2年)は「このゆいレールJrは学校のPRと私たちの活動を広めるために製作した。学校や保育園、幼稚園などいろいろな場所に持ち込んで子供たちを乗せることができるので自分たちの活動をしっかりアピールしていきたい」と述べた。

 顧問の佐久本睦臣教諭は「同好会は5年目になるが生徒だけで完成させた車両は今回が初めて。作業途中でいろいろなことにつまずきながらもそれを克服して何とか完成させた。この経験は技術力の向上や実践力の育成にもなったと思う」と話した。

 お披露目会後にはデモ走行も行われ、軽快な走りを披露した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!