07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
産業・経済
2014年2月19日(水)9:00

県1位獲得に意欲/サトウキビ競作会

上里さんの圃場で全刈り調査


サトウキビの利活用の方向性について意見を交わす戦略会議の委員=18日、市役所平良庁舎

サトウキビの利活用の方向性について意見を交わす戦略会議の委員=18日、市役所平良庁舎

 県糖業振興協会の2013-14年期サトウキビ優良事例調査(競作会)宮古地区全刈り作業が18日、平良荷川取にある地区代表の上里豊一さん(71)の圃場で行われた。関係団体の職員と地元の農家ら40人が参加して審査用のサトウキビを収穫した。上里さんは「県1位を取りたい」などと意欲を示した。審査結果の発表は4月下旬。

 サトウキビ競作会は、沖縄本島の北部、中部、南部と宮古、八重山の代表が反収(10㌃当たりの収量)や品質(産糖量)を競う。

 前期の競作会では上野の勝連栄一さんが県1位を獲得しており、今期も上位入賞が期待されている。

 この日は宮古と八重山の両地区で全刈り調査が行われ、上里さんの圃場では午前10時にスタート。面積5㌃のキビを刈り取った。

 参加者は連続県1位を期待して作業に奮闘。キビを刈り取る班と葉を取って山を作る班に分かれて次々と収穫していた。

 予備審査で地区代表に選ばれた上里さんは「品種は21号。収量、品質ともに良いと思う」としたが「台風がなければさらに良かったんだが」と悔やんだ。それでも「ぜひ沖縄県1位を取りたい」と意欲を見せた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!