07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
教育・文化
2014年2月22日(土)9:00

下地さんら入賞者を表彰/宮古島署

水難事故防止ポスター・標語


標語の部で入賞した(前列左から)下地心音さん、前泊君、砂川さんと、ポスターの部入賞の(同右から)下地玲南さん、田部井君、下地美玖さん=21日、宮古島警察署

標語の部で入賞した(前列左から)下地心音さん、前泊君、砂川さんと、ポスターの部入賞の(同右から)下地玲南さん、田部井君、下地美玖さん=21日、宮古島警察署

 宮古島警察署が募集していた2014年度水難事故防止ポスターと標語の審査がこのほど行われ、宮古島警察署長賞にポスターの部で下地玲南さん(久松中1年)ら3人、標語の部に砂川芽衣菜さん(同)ら3人が選ばれた。表彰式が21日、同署で開かれ、宮城英眞署長から受賞者に賞状が手渡された。

 同署では、13年12月2日から2月7日まで、14年度の水難事故防止のポスターと標語を募集。期間中にポスターに34点、標語に423点の応募があった。

 ポスターの部ではいずれも久松中学校1年の下地さん、田部井汐哉君、下地美玖さんが入賞。3人とも、楽しそうに遊ぶ子供たちの後ろに怖い波が迫るデザインのポスターを描いた。

 標語の部では砂川さんの「守ろうよ きれいな海と 命の輪」、平良第一小学校6年の前泊拓磨君の「自分だけ 平気と思うな 水の事故」、北小学校1年の下地心音さんの「守ろうね 海でのルールと 自分の命」が選ばれた。

 表彰式で受賞者一人一人に賞状を贈った宮城署長は「皆さんの作品は表現力が豊か」と評価した上で、「ポスターや標語が今年の事故を防止する材料になると思うので、周りの人にもポスター、標語を宣伝してほしい」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!