07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
スポーツ
2014年2月25日(火)9:00

海風浴びて快走/ロマン海道・伊良部島マラソン

970人伊良部路駆ける/最長Aは加持が優勝


B、C、Dコースの657人が一斉にスタートしたロマン海道・伊良部島マラソン=23日、伊良部島・B&G体育館前

B、C、Dコースの657人が一斉にスタートしたロマン海道・伊良部島マラソン=23日、伊良部島・B&G体育館前

 第15回ロマン海道・伊良部島マラソン(主催・いらぶ観光協会)が23日、伊良部島と下地島の一円で行われた。4部門に計970人が出場し、海風を浴びながら風光明媚な二つの島を駆け抜けた。最長20・8㌔のAコースは宮古島市の加持岳志(42)が初優勝、女子は佐賀県から出場の中村和子(38)が制した。4部門全体の完走率は99・48%。

 伊良部島マラソンは、参加者の健康増進と地域の活性化が狙い。毎年島内外から多くのランナーが出場して汗を流している。

 最長Aコースには313人が出場した。佐良浜中学校前を出発し、伊良部島の海岸線を抜けて下地島を回り、ゴールのB&G体育館前を目指した。

 伊良部地区の史跡「ヤマトブー大岩」前に差し掛かると、来年開通する伊良部大橋が目前にくっきり。ランナーはその壮大な景観に歓声を上げていた。

 B(14・6㌔)、C(7㌔)、D(2・3㌔)はB&G体育館前を発着。下地島をほぼ一周するBコースには181人が挑戦、下地島空港周辺道路を折り返すCコースには296人が挑んで完走を目指した。

 ファミリーコースのDコースには親子ら67組180人が出場した。佐和田の浜を一望できる海沿いのコースを走って汗を流し、家族の絆を深めていた。

 最長Aコース総合優勝の加持は序盤から飛び出して圧勝。1時間15分46秒の好タイムで制した。レースを振り返り「涼しくて風も例年に比べると弱くて走りやすかった」と話した。初優勝には「うれしい。いろいろな大会に出ているが、優勝は初めてなので素直に喜びたい」と笑顔だった。

 Aコース女子の部を制した中村も貫禄のレース運びを見せた。総合でも5位に入る実力を発揮して初出場で優勝を決めた。「最後まで気持ちよく走れた」と会心のレースを誇った。

 各部門の上位入賞者・組は次の通り。

 【A(20・8㌔)】①加持岳志1時間15分46秒②千田信康1時間18分34秒③齋藤直毅1時間20分32秒
 【B(14・6㌔)】①伊佐孝明51分33秒②君島拓郎54分35秒③砂川幸男57分3秒
 【C(7㌔)】①保坂優作29分12秒②川満拓夢29分38秒③與那覇魁士29分40秒
 【D(2・3㌔)】①打出啓二・賢太郎11分23秒②與那覇悟・律子・健真14分4秒③古波蔵孝子・剛輝14分8秒


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!