05/16
2022
Mon
旧暦:4月16日 先勝 己 
教育・文化
2014年6月4日(水)9:00

20㌔のマグロ解体/宮総実

食品科学科が缶詰づくり


約20㌔のキハダマグロを解体する生徒たち=3日、宮古総合実業高校

約20㌔のキハダマグロを解体する生徒たち=3日、宮古総合実業高校

 宮古総合実業高校(伊志嶺秀行校長)の食品科学科の生徒21人(男子10人、女子11人)が3日、マグロフレーク油漬缶詰実習を行った。生徒たちは原材料のキハダマグロ9匹を解体処理し、血合いなどを取り除いた。処理されたマグロは蒸し器にかけて身を引き締め、味付け後に缶詰にした。この缶詰は11月ごろに予定されている生産物即売会で販売される。

 食品学科の奥田謙司学科長が解体の手本を示した後、生徒たちは調理台に置かれた一匹約20㌔のキハダマグロの頭を切り落とし、ひれなどを取り除く処理をした。

 下地匠君(3年)は「背びれと皮をはぐ作業が大変。魚をさばく機会は学校くらいしかないので楽しい。将来は料理関係の仕事に進みたいと思っている」と忙しそうに手を動かしていた。

 新紗莉奈さん(3年)は「将来何になりたいかはまだ決まっていない。一匹の大きな魚を自分たちでさばいて作るので、達成感はある」と話した。

 3年生は2年生の時から通算6回目のマグロフレーク油漬缶詰実習になり、今回が最後の実習


カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!