10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
産業・経済
2014年8月6日(水)9:00

県畜産共進会 来年は宮古開催

36年ぶり、地元要請実る/宮古牛の全県アピールへ


県畜産共進会の宮古島市開催が決まった=(写真は先月25日に開かれた市畜産共進会の様子)

県畜産共進会の宮古島市開催が決まった=(写真は先月25日に開かれた市畜産共進会の様子)

 県内で生産された肉用牛の改良技術を競う県畜産共進会の種畜部門肉用牛審査が2015年の11月に宮古島市で開催されることが決まった。同市での開催は1979年以来36年ぶり。市や畜産関係団体による要請が実った。宮古和牛改良組合の砂川栄市組合長は「宮古の牛を全県にPRできる絶好の機会だ」と歓迎、共進会開催に伴う一層の肉用牛振興に期待を込めた。

 県の共進会は持ち回りの時期もあったが、近年は糸満市にある南部家畜市場での開催が定着。宮古島市の畜主は代表牛を船で沖縄本島に運ばなければならないため負担が大きかった。

 さらに、一部の牛が船内で長時間揺られてストレスを抱え、体重を落として万全な状態で審査に臨めないなどの課題もある。

 市や畜産関係団体はこれらの現状および輸送に関する平等性の確保に加え、県共進会の開催に伴う肉用牛産業の一層の振興を図る観点から宮古島市での開催を求めてきた。下地敏彦市長も強く望み、関係機関・団体へ働き掛けてきた。

 これを受けて、県畜産共進会協議会が総会の中で協議。農家や関係団体への周知徹底を条件に伏して宮古島市開催を決定した。具体的な期日は今後詰める。

 県の共進会開催に伴って期待されるのは宮古代表牛の上位入賞。個人戦、団体戦ともに熱を帯びるのは必至だ。和牛改良組合の砂川組合長は「宮古には優れた牛がたくさんいるが、今からしっかり選抜しなければならない」と万全な体制で臨む決意を示す。「県共進会は絶好の機会。良い牛を出して宮古の牛を全県にアピールしたい」と波及効果にも期待を寄せた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!