10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
スポーツ
2014年8月9日(土)9:00

手登根(久松3年)砲丸準V/全九州中学陸上

13㍍29、堂々の宮古新


手登根武魁

手登根武魁

 中学陸上の第36回全九州大会は8日、長崎県立総合運動公園陸上競技場で各種決勝を行い、共通男子砲丸投に出場した久松3年の手登根武魁が13㍍29の宮古新で2位に入った。自己最高の結果に手登根は「自己記録と宮古記録を更新できてうれしい」と話した。

 手登根は1投目でいきなり13㍍30の投てきを見せたがこれはファウル。2投目には12㍍78を投げてトップに立ったが、3投目で逆転を許した。その後5投目に13㍍14、最終試技でこの日最高の13㍍29を投げた。惜しくも1位には約20㌢届かなかったが、自己最高の順位と記録を残した。

 事前練習では14㍍台を連発するなど調子は上向いていたが、大会本番の緊張と雨の影響で思うような投てきができなかった。

 手登根は「自己記録と宮古記録の更新はうれしいことだけど、1位になった選手も同じ条件で投げている中で勝ちきれなかったことは悔しい」と振り返った。

 今月23日にはジュニア陸上県予選に出場し優勝と全国出場を目指す。「ジュニア陸上では県記録の14㍍23を更新したい」と話し、次戦に意欲を見せた。

 九州陸上には手登根のほか、1年男子100㍍に北の奥原海斗、共通男子400㍍に鏡原の砂川琉飛、2年女子800㍍に福嶺の仲地楓華、共通女子走幅跳に上野の熊谷朔良が出場しているが、いずれも決勝進出はならなかった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!