06/30
2022
Thu
旧暦:6月2日 先勝 甲 
スポーツ
2014年8月23日(土)9:00

篠塚さんに世界最速認定証/ソーラーカー

宮古島ではギネス初認定


ソーラーカー世界最速のギネス認定証をウカソヴァさん(手前右)から授与された篠塚さん(同左)=22日、下地島空港

ソーラーカー世界最速のギネス認定証をウカソヴァさん(手前右)から授与された篠塚さん(同左)=22日、下地島空港

 パリ・ダカールラリーで日本人初の総合優勝(1997年)を成し遂げた、篠塚建次郎さんが代表兼ドライバーを務める「チームSHINOZUKA」が22日、下地島空港でギネスのソーラーカー世界最速記録を更新し、ギネスの認定を受けた。20日に記録した91・333㌔には及ばなかったものの、これまでのギネス記録、時速88・738を0・153㌔上回る、時速88・891㌔の記録を出した。宮古島でのギネス世界記録認定は今回が初めて。

 この日、ギネス世界記録日本の公式認定員グリナズ・ウカソヴァさんの立ち会いの下、午前11時30分すぎから1時間の走行で記録を更新。ギネス世界記録日本から認定証が授与された。

 ソーラーカー世界最速記録のギネス認定を受けた篠塚さんは「ハラハラ、ドキドキの連続だった。風が弱かったのは良かったが、大きな雲で太陽光が遮られると、動かなくなるぐらいパワーが落ちる。途中で止まりそうになったりした。今のギネス記録を本当にごくわずか上回った。これまでのギネス記録のハードルの高さを感じたが、目標が達成できたので満足している」と笑顔で話した。

 篠塚さんらは19日から、同空港でソーラーカー世界最速記録達成に向け挑戦を続けていた。ギネス公式認定員の立ち会いはなかったものの、20日には世界最速となる時速91・333㌔を樹立した。今後、書類、映像でこの記録をギネスに申請し、今回樹立した時速88・891㌔の認定記録の更新を図る。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!