08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
スポーツ
2014年8月23日(土)9:00

篠塚さんに世界最速認定証/ソーラーカー

宮古島ではギネス初認定


ソーラーカー世界最速のギネス認定証をウカソヴァさん(手前右)から授与された篠塚さん(同左)=22日、下地島空港

ソーラーカー世界最速のギネス認定証をウカソヴァさん(手前右)から授与された篠塚さん(同左)=22日、下地島空港

 パリ・ダカールラリーで日本人初の総合優勝(1997年)を成し遂げた、篠塚建次郎さんが代表兼ドライバーを務める「チームSHINOZUKA」が22日、下地島空港でギネスのソーラーカー世界最速記録を更新し、ギネスの認定を受けた。20日に記録した91・333㌔には及ばなかったものの、これまでのギネス記録、時速88・738を0・153㌔上回る、時速88・891㌔の記録を出した。宮古島でのギネス世界記録認定は今回が初めて。

 この日、ギネス世界記録日本の公式認定員グリナズ・ウカソヴァさんの立ち会いの下、午前11時30分すぎから1時間の走行で記録を更新。ギネス世界記録日本から認定証が授与された。

 ソーラーカー世界最速記録のギネス認定を受けた篠塚さんは「ハラハラ、ドキドキの連続だった。風が弱かったのは良かったが、大きな雲で太陽光が遮られると、動かなくなるぐらいパワーが落ちる。途中で止まりそうになったりした。今のギネス記録を本当にごくわずか上回った。これまでのギネス記録のハードルの高さを感じたが、目標が達成できたので満足している」と笑顔で話した。

 篠塚さんらは19日から、同空港でソーラーカー世界最速記録達成に向け挑戦を続けていた。ギネス公式認定員の立ち会いはなかったものの、20日には世界最速となる時速91・333㌔を樹立した。今後、書類、映像でこの記録をギネスに申請し、今回樹立した時速88・891㌔の認定記録の更新を図る。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!