12/01
2022
Thu
旧暦:11月8日 赤口 戊 
教育・文化
2014年11月13日(木)9:00

速読甲子園3位を報告/セレブラム生徒が市長に

賞状やトロフィー手に晴れ晴れ


下地市長(右から3人目)に3位入賞を報告する生徒らと新山代表(右)=12日、市長室

下地市長(右から3人目)に3位入賞を報告する生徒らと新山代表(右)=12日、市長室

 速読甲子園2014(主催・日本速脳速読協会)で学年別個人戦と団体戦で3位入賞を果たし、9日に早稲田大学で開かれた表彰式に参加し、賞状やトロフィーを受け取った能力開発型予備校セレブラム宮古島校の生徒らが12日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、入賞を報告した。

 今回、報告に訪れたのは、個人と団体で3位となった岡村健太郎君(宮高1年)と団体戦メンバーの新里直都君(同3年)、長濱大祐君(同1年)、守武良さん(平良中2年)、友利日向君(北小6年)。

 生徒とともに市長室を訪れたセレブラム教育システムの新山広明代表が下地市長に3位入賞と、招かれて東京での表彰式に参加してきたことを報告。同校のほか団体戦で久松中学校が40位、砂川中学校が131位と健闘したことを紹介し「速読が学校でも浸透してきたと感じている」と語った

 岡村君は「団体戦トレーニングにも参加したことで読むスピードを上げることができたと思う。来年も上位入賞を目指したい」、守武さんは「毎日こつこつと練習を積み重ねたことが良かったのだと思う。来年も挑戦したい」と感想と抱負を述べた。友利君は「速読を始めてテストでも速く読んで理解でき、解く時間が長くなり、見直す時間もできて、今まで間違っていたところを見落とさなくなった」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!