12/04
2022
Sun
旧暦:11月11日 先負 辛 
教育・文化
2014年11月18日(火)9:00

三井さんの作品が優秀賞/第37回白亜展

宮古島の「アダン」描く


白亜展で優秀賞・クサカベ賞を受賞した三井さん=17日、カットサロン風

白亜展で優秀賞・クサカベ賞を受賞した三井さん=17日、カットサロン風

 宮古島市下里で美容室「カットサロン風」を営む三井咲子さんの作品「アダン」(100F)が第37回白亜展(主催・白亜美術協会)で優秀賞(クサカベ賞)に輝いた。三井さんは前回作品を応募した31回白亜展でも入選しており、応募した作品はすべて高い評価を受けている。

 優秀賞の中で2番目の賞となるクサカベ賞の受賞について三井さんは「仕事の合間に2年かけて完成させた作品なので評価されてとてもうれしい。こうして賞を受けると創作意欲がわいてくるのでこれからも頑張りたい」と笑顔で受賞の感想を述べた。

 前回は2008年に行われた31回目の白亜展に応募した作品「紅葉」(40F)が入選を果たし、今回はそれよりも大きな165㌢×130㌢の作品で、南国の青空の下で太陽の光をいっぱいに受けたアダンの濃い緑の葉と赤い実が力強く描かれている。

 作品について、三井さんは「東平安名崎に向かう途中で見つけたアダンを描いた。南国の植物特有の濃い緑の葉が表現できたと思うが、まだまだ満足のいく作品にはなっていない。これからも宮古島の美しい自然や植物を作品の題材にして創作活動を続けていきたい」と述べた。

 秋田県出身の三井さんは2001年から宮古島に移り住んで、宮古島トライアスロン大会のロゴマークデザインをはじめ多数の創作活動で活躍した故・久留米裕さんから絵を描くことの魅力を教わり、現在もアクリル水彩画で創作活動を展開している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!