07/16
2024
Tue
旧暦:6月10日 先負 庚 
社会・全般
2015年3月3日(火)9:00

主役の長野さんら市長表敬/劇団四季

サイン入りポスター贈呈


菅本さん(前列右)、長野さん(同右から2人目)、渡久山さん(後列)からポスターを贈られる下地市長(前列右から3人目)=2日、市役所平良庁舎

菅本さん(前列右)、長野さん(同右から2人目)、渡久山さん(後列)からポスターを贈られる下地市長(前列右から3人目)=2日、市役所平良庁舎

 きょう3日、マティダ市民劇場で上演される劇団四季のファミリーミュージカル「魔法をすてたマジョシン」で主役の「マジョリン」を演じる長野千紘さん、伊良部出身の渡久山慶さん、主人公のばあや役を演じる菅本烈子さんらが2日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問し、出演者全員のサイン入りポスターを贈った。

 表敬訪問には、公演を受け入れている市文化振興友の会の根路銘康文会長や宮古島公演を後援している日本トランスオーシャン航空の金城徹宮古支社長らが同行。根路銘会長は、今回で宮古島公演が10年目を迎えること、市民から好評で今公演の前売り券が発売1時間ほどで完売となったことなどを説明。「観たくても観ることのできない人が出てきている。将来的には2回公演も検討したい」との考えを示した。

 渡久山さんは、地元の伊良部から200人ほどが鑑賞に訪れる予定であること、菅本さんは先月、行われた石垣公演も盛況だったことなどを紹介。長野さんは出演者サイン入りのポスターを下地市長にプレゼントした。

 下地市長は「みんな期待している。ぜひ頑張って、良い公演にしてほしい」と激励した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!