02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
イベント 社会・全般
2015年3月25日(水)9:00

今年の開催は中止/ロックフェス

実行委 観客の輸送能力低下理由に


会見で今年のイベント開催休止を発表した実行委員会=24日、市内ホテル

会見で今年のイベント開催休止を発表した実行委員会=24日、市内ホテル

 ミヤコ・アイランド・ロック・フェスティバル実行委員会(野津芳仁委員長)は24日、市内のホテルで会見を開き、6月20日に開催を予定していた11回目となる同フェスを休止すると発表した。

 同実行委の野津委員長は、休止の理由について伊良部大橋開通により観光客が大幅に増加してる中、一部航空会社の那覇-宮古路線廃止などで観客の輸送能力が低下することなどを理由に挙げた。

 野津委員長は「この二つの要因は開催に向けて致命的であり、さらに厳しい予算運営の中での開催は困難な状況となった。今年は苦渋の決断となったが、来年は必ず開催したいと思う。そのためには資金面を含めて地元の協力を呼び掛けていきたい。また、来年の開催に向けてはいろいろなことを見直しながら多くの人に喜んでもらえる効率的で効果的なイベントにしたい」と述べた。

 同実行委では、11月に予定している宮古の産業まつりの中で、イベントを計画しており現在、調整中。

 10周年を迎えた昨年の同イベントは、県出身バンドのモンゴル800をはじめ、ケツメイシ、ドラゴン・アッシュ、ザ・クロマニヨンズ、湘南乃風、細美武士ら人気アーティストが多数出演した。

 来場者総数は6469人で、内訳は県外からが2423人、県内島外は890人、島内3156人だった。イベント本番だけでなく、前夜祭、当夜祭、後夜祭も合わせたイベント全体の延べ来場者数は9769人だった。

 同イベントの経済効果について、りゅうぎん総合研究所では宿泊費や飲食費、交通費などの直接効果は2億2100万円、直接効果を受ける産業へ原料やサービスなどを提供する産業に波及する一次間接波及効果を1億600万円、さらに直接、一次間接波及効果が各産業へ及ぼす二次間接波及効果は6000万円と試算し、合計経済効果額は3億8600万円となった。昨年のイベントの経済効果は過去最高値を記録した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!