11/28
2022
Mon
旧暦:11月5日 先負 乙 
社会・全般
2015年6月5日(金)9:00

外国漁船の調査・監視へ/伊良部漁協

漁船3隻が出港


外国漁船の調査・監視の目的で出港する漁船=4日、佐良浜漁港

外国漁船の調査・監視の目的で出港する漁船=4日、佐良浜漁港

 外国漁船の操業状況などを調査するため、伊良部漁協(漢那一浩組合長)所属の漁船3隻が4日午後、佐良浜漁港を出港した。宮古島から北へ60㌔以上の沖合で調査・監視活動を展開し、きょう5日午前8時以降に入港する。

 同漁協は、公益法人の県漁業振興基金(那覇市)が運用している沖縄漁業基金(100億円)を活用して実施。同振興基金団体の事業内容は、▽台湾漁船等対策▽漁業振興対策▽漁業環境整備の推進など。さらに台湾漁船の操業調査と監視や操業トラブルに備えての対応策を講じている。

 同漁協では、今年度は30隻近い漁船を1~9班に分け、1班の喜翁丸、恵丸、成蓮丸、三幸丸の計4隻は5月末に調査を終えた。

 この日出港した漁船は、海力丸、宝盛丸、太幸丸の3隻で乗組員は計9人。佐良浜漁港沖で左折し、目的海域に直行した。片道3時間半~4時間の航行を予定している。

 3隻を見送った漢那組合長は「目的海域では既にクロマグロ操業が始まっている。県外漁船や台湾漁船が操業しており、トラブルに巻き込まれないように安全な調査と監視を願っている」と語った。

 同漁協では、3隻と緊密に連絡を取り合い、航海安全による帰港に万全な態勢で取り組んでいる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!