12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
社会・全般
2015年9月30日(水)9:05

飲んつか~乗らんどぅ/市、警察、交安協など

飲食店回り意識高める/コースター1万枚配布


出発式で飲酒運転の撲滅を誓い合う関係者=29日、市役所平良庁舎

出発式で飲酒運転の撲滅を誓い合う関係者=29日、市役所平良庁舎

 宮古島市など関係団体は29日、市内飲食店90店舗を回り、飲酒運転の根絶を訴えるコースター1万枚を配布した。宮古島まもる君とまるこちゃんのイラストを描いたハート型のコースターには「飲(ぬ)んつか~乗(ぬぅ)らんどぅ」(飲んだら乗らない)などと書き込み、飲酒運転をなくす意識の高揚を図った。



 秋の交通安全運動の一環で実施。市のほか警察、交通安全協会、宮古島社交飲食業組合が参加した。


 市役所で開いた出発式で下地敏彦市長は「飲みやすい季節になってきた。飲んで秋の夜長を友人と語り合うのは良いが、飲酒運転は絶対にだめ。居酒屋を中心に回って、飲酒運転撲滅の意識を広めたい」と参加者に協力を呼び掛けた。


 宮古島署の瑞慶山力署長は管内の飲酒運転について報告。前年より若干多い状況にあるが、飲酒運転が絡む人身事故はここまでゼロ件とした。ただ、「数が多いということは、いつ事故が起きてもおかしくない状況とも言える。飲酒運転は犯罪なんだという意識を高めたい」と話した。


 宮古島地区交通安全協会の宮里敏男会長は「みんなの力を発揮すれば、宮古島から飲酒運転を根絶することができる」と訴えた。


 コースターの贈呈を受けた社交飲食業組合の奥平玄信組合長は「節度ある飲酒を呼び掛ける。飲酒運転の撲滅に向けて官民一体で取り組みたい」と決意した。


 この後、参加者が市内の商店街に繰り出し、飲食店でコースターを配布。店主らに活用を促し、飲酒運転の根絶に向けて共に取り組むよう協力を呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!