07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
スポーツ
2015年11月10日(火)9:06

宮古の里(一般級)が初優勝/本社杯軟式野球

成年級は大番総業連覇/還暦は沖之光サーペンツ


最多51チームが出場した一般級で初優勝を飾った宮古の里のメンバー=8日、市営球場

最多51チームが出場した一般級で初優勝を飾った宮古の里のメンバー=8日、市営球場

 宮古毎日新聞創刊60周年記念の宮古毎日新聞杯第24回全宮古軟式野球大会は8日、宮古島市営球場で一般級、成年級、還暦級の決勝を行い、一般級は宮古の里が初優勝を飾った。成年級は大番総業が2連覇、新たに創設された還暦級は沖之光サーペンツが勝って初代優勝チームに輝いた。



 今大会は、9月26日に開幕戦を迎えた。一般級に最多の51チーム、成年(40歳以上)級に24チーム、還暦級に5チームが出場して熱戦を繰り広げてきた。


 一般級は前回準決勝で敗退した宮古の里が念願の初優勝を達成。最終回に見せた鮮やかな集中打でミスターOGを退けた。最終スコアは6-1だった。


 宮里良和監督は「前回は準決勝で敗れて悔しい思いをした。この大会で、ようやくリベンジを果たすことができた。チーム全員で勝ち取った」と話した。


 成年級は大番総業が安定感を発揮。初回に先制を許したものの三回と六回に2点を奪い、強豪ファミリー与那覇に4-1で勝った。


 今年新設された還暦級は沖之光サーペンツの強さが際立った。三回から連続得点を挙げて漲水重機を相手に10-4の六回タイムコールドで優勝を決めた。


 表彰式で宮古毎日新聞社の伊志嶺幹夫常務は「優勝したチームは、この大会で宮古一を勝ち取ったという誇りを持ってほしい。宮古毎日新聞社は今年で創刊60周年を迎えた。今後も伝統ある野球大会に力を入れていきたい」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!