12/10
2022
Sat
旧暦:11月17日 先負 丁 
社会・全般
2015年12月11日(金)9:05

作業の安全など確認/年末港湾荷役合同パト

荷役作業が安全に行われているかを確認する関係者ら=10日、平良港

荷役作業が安全に行われているかを確認する関係者ら=10日、平良港

 2015年度年末港湾荷役合同パトロール(主催・港湾労働災害防止協会沖縄総支部宮古支部)が10日、「『たぶん』『だろう』に危険がひそむ、しっかり点検、年末年始」をスローガンに平良港で行われた。同協会は12月16日から翌年1月15日までを「年末年始港湾無災害強調期間」と定めている。パトロールには宮古労働基準監督署の嘉数剛署長はじめ港湾関係者らが参加、荷役作業中の「よね丸」の作業状況を点検した。出発式で、関係者全員がスローガンを指差呼称し、労働災害防止に気持ちを引き締めた。

 パトロールに先立ち行われた出発式で、労働災害防止協会宮古支部の砂川恵映支部長が「年末に掛けて貨物の取扱量も増える。気候的にも労働災害につながる危険性が高くなる時期。『はさまれ、巻き込み』『墜落、転落』『飛来、落下』による三大災害の防止をしっかりと図ってほしい」とあいさつした。

 宮古労基署の嘉数署長は「労働災害は宮古は昨年と比較して若干、増え気味の状況。このような状況でもあるので、気を引き締めていかなければいけない」と述べた。

 県内港湾運送業で4日間以上の労働災害は今年11月現在で4件発生しているが、平良港では2007年1月以降、重篤災害はない。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!