07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2015年12月13日(日)9:06

金城景さんら97人表彰/市民総合文化祭「児童・生徒の部」展示部門

下地敏彦市長(左)が金城景さんらに賞状を贈った=12日、市中央公民館

下地敏彦市長(左)が金城景さんらに賞状を贈った=12日、市中央公民館

 宮古島市制10周年記念事業の一環で、「創造する市民の文化」をテーマに掲げた第10回市民総合文化祭「児童・生徒の部」展示部門の表彰式が12日、市中央公民館で開催された。下地敏彦市長が金城景(ひかり)さん(城辺中3年)ら49人に市長賞・副賞、2人に特別賞・副賞、宮國博教育長が新城萌依さん(平一小1年)ら48人に教育長賞・副賞をそれぞれ授与した。賞状・副賞を手にした児童・生徒たちは、晴れ晴れとした表情を見せていた。

 オープニングセレモニーでは、特別賞を受賞した新城帆野佳さん(下地小3年)が郷土の民話「通り池の人魚の話」、中田舞琉さん(福嶺小3年)が同じく「神のきねと鬼のきね」を堂々と発表した。観客らは、感動した様子で大きな拍手を送っていた。

 下地市長は「表彰を契機に児童・生徒の皆さんが、益々元気で明るく、勉学や文化芸術活動そしてスポーツに積極的に取り組み、これまで以上に活躍することを期待する」と述べ、企画運営した市教育委員会に感謝の意を表した。

 展示部門は、書道・美術・俳句・短歌・作文・詩・自由研究・一般工作ーの8部門があり、各部門ごとに市長賞と市教育長賞が贈られた。

 金城さんは書道で市長賞、短歌で市教育長賞のダブル受賞。「ダブルで表彰され、とてもうれしい。書道は応募に向け、夏休みから練習していたので、その成果が評価された思う」と感想を話していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!