07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2016年2月7日(日)9:04

伊佐、邊土名さんに感謝状/宮古島海保

航行不能の漁船えい航、救助


山本署長(後列)から人命救助で感謝状を贈られた伊佐さん(前列右)と邊土名さん(同左)=5日、宮古島海上保安署1階会議室

山本署長(後列)から人命救助で感謝状を贈られた伊佐さん(前列右)と邊土名さん(同左)=5日、宮古島海上保安署1階会議室

 宮古島海上保安署(山本雅司署長)は5日、海上で航行不能となり漂流していた漁船をえい航して、港に無事入港させたとして伊佐清正さん(61)と邊土名忠志さん(54)に「迅速、的確に対処し尊い人命の救助に成功した」として感謝状を贈呈した。

 同署によると、28日午後6時ごろ、島尻漁港北約1・5㌔の海上で漁船(1・45㌧)が機関故障のため航行不能となり漂流した。同船船長が家族に連絡、家族が118番通報した。

 通報を受けた海保は、海上保安協力員の伊佐さんに救助を要請。伊佐さんは、邊土名さんを出港の調整をして現場に向かわせ、漂流していた漁船を発見、えい航して島尻漁港に入港させた。一人で乗っていた代の船長にけがはなかった。

 感謝状の贈呈式が同署で行われ、山本署長は「協力員と海保が、連携して取り組む関係を築き上げ、海難事故が起きた場合に、救助できる体制を維持していきたい」と語った。

 伊佐さんは「これからも海の安全、安心に貢献できるよう努力していきたい」、邊土名さんは「周辺海域は熟知している。海保の指示と英断が良かった」とそれぞれ話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!