07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2016年2月11日(木)9:04

下地恵昇氏に感謝状/県商工労働部

勤労青少年福祉増進に貢献


下地部長(左)から感謝状を贈られた下地氏=10日、県庁

下地部長(左)から感謝状を贈られた下地氏=10日、県庁

 【那覇支社】県商工労働部は10日、県勤労青少年福祉推進者連絡協議会の元会長の下地恵昇氏(65)=城辺長間出身=に対する感謝状授与式を県庁で行い、下地明和部長が協議会設立時から会長を務めた下地氏のこれまでの功績をたたえて感謝状を贈り、長年の労をねぎらった。

 下地部長は「会長として26年余りにわたり活動し、勤労青少年の福祉の増進に大きく貢献されたことに感謝の意を表したい。今後とも県の産業振興に協力を願いたい」と述べた。

 下地氏は「社員の定着率を高め企業の戦力にするためには働きやすい職場にする必要がある。交流の場を通して若い勤労者が悩みを相談し、お互いに励まし合っていた」と活動を振り返った。下地氏は大同火災海上保険会社を退職後、現在は那覇市首里で人事・教育研究所「オアシス7」を経営する。

 同協議会(事務局・労働政策課内)は1989年設立以来26年余の活動を通じて、設立目的の勤労青少年(35歳未満)の福祉の増進が一定程度達成されたのを踏まえ、今年1月に解散した。勤労青少年福祉推進者を選任する沖縄電力や琉球セメント、労働金庫などの事業所が会員となり、県内の勤労青少年を対象にしたビジネス交流会やリーダー研修会、勤労青少年ホームとの連携・交流事業などのイベントを開催し、スキルアップを図ってきた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!