07/24
2024
Wed
旧暦:6月18日 大安 戊 
社会・全般
2016年2月14日(日)9:05

愛着度、定住度高い/多良間村

住民アンケート結果報告/村人口ビジョン策定委


アンケート結果などが報告された委員会=10日、多良間村役場

アンケート結果などが報告された委員会=10日、多良間村役場

 【多良間】村人口ビジョン策定委員会が10日、多くの関係者が参加し、村役場会議室で行われた。住民アンケートの結果報告が行われた。それによると島への愛着度、定住度は高く、雇用、子育て、医療の充実などの向上を求める意向があげられている。

 2005年に一度は人口増加に転じたものの、10年には、1990年より16%減少している。それを回復させることは容易でないことから「第4次多良間村総合計画」では、人口をほぼ現状維持することを目標に「確かな発展でつくる心のふるさとゆがぷう島たらま」を将来像とし推進することを目標に進めている。

 住民アンケートによると「島への愛着度」は「どちらかといえば感じてる」が51%、「強く感じている」が38%と、合わせるとほぼ9割を占めている。その理由として「身近な海や自然」「静かな環境」「犯罪の少なさ」などが挙げられている。

 定住については「どちらかといえば住み続けたい」が38%と最も高く、「ずっと住み続けたい」が33%で、合わせると7割超が定住に対して意思がある。

 また、「引っ越しを決意するきっかけは何だと思いますか」という設問に対し「子どもの進学や就職に合わせて」「希望する仕事が見つからない」が挙げられている。

 「子育て支援・環境を充実するためにどのような取り組みが必要か」については「学童保育の充実」「公園など子どもの遊び場の整備」が挙げられている。

 同村では現在、保育所卒園後、幼稚園に入園となっているが(2年幼稚園)、保護者からは午後からの預かり保育の要望もあげられているが、いまだ対策が取られていないのが現状。保護者からの早期検討の声も示されている。

 アンケートの結果を踏まえ基本方針・施策の展開として、国が定める総合戦略や、村のまちづくりの方向(①仕事づくり、②人の流れ、③結婚・出産・子育て、④まちづくり)を踏まえ、村の総合戦略の目標として移住・定住に関する希望を実現するため、仕事や住まい、子どもの教育など総合的な情報提供や支援で、U、I、Jターンを進める。

 地域の子育て支援の仕組みを充実させ、若い世代が希望する結婚や出産を支える対策を推進することで、人口減少を食い止めるとしている。

 また、多良間島の知名度を上げるために「特産品の開発・販売観光関連施設整備事業」として▽黒糖エコ生産の島としての知名度アップ▽黒糖の付加価値をつけた特産品開発▽特産品の開発・販売-などで多良間村の安全・安心を国内外にPRすることで「黒糖エコ生産の島」として知名度のアップにつながればと期待されている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!