07/15
2024
Mon
旧暦:6月10日 先負 庚 
イベント
2016年3月13日(日)9:06

勇壮な演舞で節目祝う/琉球國祭り太鼓宮古支部

結成20周年記念し公演


勇壮な演舞を披露する琉球國祭り太鼓のメンバーたち=12日、マティダ市民劇場

勇壮な演舞を披露する琉球國祭り太鼓のメンバーたち=12日、マティダ市民劇場

 琉球國祭り太鼓宮古支部(西里亮平支部長)結成20周年記念公演が12日、マティダ市民劇場で開かれた。同支部のメンバーやジュニアメンバー、OB・OG、賛助団体など大勢が出演し、勇壮で力強い太鼓と演舞を披露して節目の年を盛大に祝った。



 同支部は1996年、エイサー文化のなかった宮古島で結成され、これまでにさまざまなイベントなどで演舞を披露して会場を盛り上げるとともに、宮古島でのエイサー普及に大きく寄与してきた。


 20周年記念公演は午後1時30分からの第1部と、同5時30分からの第2部の1日2回実施された。第1部は琉球國祭り太鼓メンバーによる「トーガニあやぐ」で幕開け。祭り太鼓ジュニアや宮古支部のOB・OGも舞台に立ち力強い太鼓とエイサーを披露した。


 賛助団体として名護市を拠点に活動している「創作芸団レキオス」や国内外で活動している「太陽風オーケストラ」のメンバーで和太鼓奏者の仲宗根達也氏、宮古島の歌手・下地暁氏、うるま市を拠点とする「龍神伝説」、ミュージシャンで音楽プロデューサーとしても活躍する日出克氏も出演し記念公演を盛り上げた。


 幕間であいさつに立った西里支部長は来場者に向け「皆さんがいなければ宮古支部はこんなに成長できなかったと思う。今回の公演をきっかけに私たちの仲間になりたいという人を増やして、25周年、30周年とどんどん支部を大きくしていきたい」と語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!