06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
産業・経済
2016年5月3日(火)9:05

原料搬入を終了/宮糖多良間 

平均糖度は12・91


原料搬入を終了した宮糖多良間工場=2日、多良間村塩川

原料搬入を終了した宮糖多良間工場=2日、多良間村塩川

 【多良間】宮古製糖多良間工場は2日午前、2015-16年期サトウキビ製糖操業の原料搬入を終了した。今期の全体搬入量は前年比257㌧減の2万682㌧、平均糖度は12・91度だった。操業日数は雨などの影響による原料不足で16日間ほど操業を停止したため、108日間となった。

 今期は1月5日から操業をスタート。搬入概況によると、糖度区分別の構成比は基準糖度帯(13・1~14・3度)の原料が36・99%、基準以上の原料が8・48%で基準以下が54・53%ととなった。

 1㌧当たりの農家手取り額は2万951円。搬入量は当初見込みの1万9920㌧を762㌧上回った。

 宮古製糖の安村勇社長は「悪天候の中、関係機関、生産農家の皆さん並びに最後まで働いてくれた臨時職員の皆さんの協力により、本日終了することができた。改めてお礼と感謝を申し上げ、来期のご協力をお願い申し上げます」とコメントした。

 多良間工場の来間春誠工場長は「生産農家の高齢化が進み、手刈り原料が急減し、ハーベスターへの依存度が高まった。今期は雨天が続き、ハーベスターがほ場に入れず、原料確保ができず、6度の停搾を余儀なくされ、初めての5月に掛けての操業となった。品質面でも常襲する台風による潮風害などにより、平均糖度が12・9度と低くかった」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!