07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
イベント
2016年6月6日(月)9:01

エイサー演舞を楽しむ

オリオンツアー会社企画/市内ホテル


エイサーの演舞が披露され、参加者らは思う存分に楽しんだ=4日、市内ホテル

エイサーの演舞が披露され、参加者らは思う存分に楽しんだ=4日、市内ホテル

 宮古島などへ旅行送客を展開するオリオンツアー(本社・東京、浅見和晶社長)は自社設定の「オリオンの日(6月4日)」に合わせ、市内のホテルで4日、「オリオンの日in宮古島・ウエルカムパーティー」を開催した。東京、名古屋、関西、福岡からツアー客約160人が参加。夕方のパーティーでは、琉球國太鼓宮古支部によるエイサーの演舞や大物マグロ解体ショー、ビンゴ大会などを楽しんだ。日中は美しい青い海や車で通行無料の三つの大橋(伊良部、池間、来間)を渡って満喫していた。

 同社の米谷克美第一事業部長は「宮古島での『オリオンの日』イベントは今年で13回目。宮古島での観光は人気があり、なんと言っても市民の人柄や人情だ。ツアー客にはリピーターが多く、宮古島の人気ぶりを表している」と笑顔で語った。

 同社は1976(昭和51年)に設立。現在は名古屋・大阪・福岡の各営業所で事業を展開する。2015年9月決算の売上高は106億円。

 年間を通して北海道や信州などのほかに、屋久島、沖縄本島、久米島、宮古島にツアーを送客し、地域の観光経済に貢献している。

 米谷さんは「宮古島観光の魅力の一つは住民の明るい人柄と思いやりの人情」と高く評価した。

 パーティーには日本航空、日本トランスオーシャン航空などの関係者らが招待され、和気あいあいと交流を深めていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!