07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
社会・全般
2016年7月31日(日)9:03

「過去・現在・未来への絆」/琉大同窓会

創立60周年記念誌発刊


発刊した記念誌を手に記念撮影に応じる幸喜会長(右)と長濱支部長=30日、本社

発刊した記念誌を手に記念撮影に応じる幸喜会長(右)と長濱支部長=30日、本社

 会員相互の親睦を図り母校の発展を寄与する目的で組織する「琉球大学同窓会」(会長・幸喜徳子沖縄石油ガス社長、会員約7万8000人)がこのほど、『琉球大学同窓会創立60周年記念誌』を発刊した。

 幸喜会長と同会宮古支部の長濱幸男支部長(宮古島市史編さん委員)が30日、宮古毎日新聞社を訪れ、記念誌を寄贈した。幸喜会長は「過去から現在そして未来へと同窓の絆をつなぎ、母校と地域社会の発展にいささかなりとも寄与して参りたいと存じる」と決意を新たにしている。

 同会は1954年に設立された。86年に同会宮古支部は同大学卒業生で本社元編集顧問の松原清吉氏らが中心になって立ち上げた。

 記念誌には、幸喜会長の発刊あいさつ、大城肇学長、稲嶺恵一元県知事、沖縄県経営協会の安里昌利会長の祝辞がそれぞれ寄せられている。歴代役員などの写真も収録。第1部「本部・支部の活動状況」、第2部「60周年記念事業」、第3部「記念座談会」、第4部「同窓生からの寄稿文」、第5部「資料編」が収められている。 

 同事業の一環で、岸本正之顕彰碑を琉球大学構内「首里の杜」に建立した。除幕式には岸本正之氏と妻・多摩子氏が参加した。

 岸本氏(名護市出身)は英文科5期卒で米国在住。日本航空で25年勤務を経て、2007年に「岸本ファミリー個人慈善基金」を創設。7億円を琉球大学同窓会に寄付した。

 幸喜会長は「同窓会では、在学生に夜間、無料で教員採用試験対策講座を開いている。今年は教員採用試験に45人が合格した。宮古出身の学生たちも積極的に受講してください」とアピールした。

 記念誌は、A4版、271ページ。500部を発刊。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!