07/18
2024
Thu
旧暦:6月12日 大安 壬 
スポーツ
2016年10月21日(金)9:06

トライ 全員が完走/光の村養護学校

メダルと自信を胸に笑顔


最終種目のランで、応援の横断幕を背にゴールする生徒=20日、市陸上競技場

最終種目のランで、応援の横断幕を背にゴールする生徒=20日、市陸上競技場

 光の村養護学校の「第27回宮古島卒業旅行」の最終種目のラン競技と「完了式」が20日、市陸上競技場で行われた。参加した同校土佐自然学園と秩父自然学園の生徒合わせて12人が3日間でスイム、バイク、ランのトライアスロン3種目に挑戦。全員完走し、メダルと自信を胸に完了式に臨んだ。

 この日は最終種目のランに挑戦。市陸上競技場を発着点に、午前6時30分にスタートした。A、B、C、Dの4グループに分かれゴールを目指した。ABCグループの11人は、トライアスロン本大会と同じコースでフルマラソン(42・195㌔)を完走。Dグループの1人が30㌔のコースを走破した。

 ゴールする生徒たちを、東保育所の園児ら約50人が競技場で迎え、保護者や関係者らが、生徒一人一人にメダルをかけ頑張りをたたえた。

 二ノ宮塁君(18)は「完走できてうれしい。一番きつかったのは自転車やマラソンでの坂道。頑張って走ったら力がついた。3種目完走できて、ストロングマンになれた」と喜びを語った。

 父章さん(55)は「多くの人たちのおかげで完走を果たし、とても感謝している。最後は引き締まった表情でゴールしてくれたので喜んでいる」と頑張りをたたえた。

 同校土佐自然学園の北野光子校長は完了式で「皆さんの完泳、完走に感動した」と述べ「大変暑い中での挑戦だった。皆さんの力の強さをとても感じた。学校に帰っても、自分磨きのためにその力で頑張ってほしい」と話した。

 バイクとランの競技には宮古島のトライアスロンクラブのメンバー延べ6人が伴走するなど、ボランティアとして卒業旅行を支援した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!