07/24
2024
Wed
旧暦:6月19日 赤口 己 
イベント
2016年11月1日(火)9:05

絆深め5年後再会誓う/ウチナーンチュ大会閉会

外に移住した沖縄県出身者やその子孫が一堂に会する「第6回世界のウチナーンチュ大会」閉幕式で、歓声を上げる参加者=10月30日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇

外に移住した沖縄県出身者やその子孫が一堂に会する「第6回世界のウチナーンチュ大会」閉幕式で、歓声を上げる参加者=10月30日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇

 【那覇支社】世界28の国と地域から県系人が結集した第6回世界のウチナーンチュ大会(主催・同実行委員会)の最終日の10月30日、閉会式とグランドフィナーレが那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で行われ、5日間の祭典の幕を閉じた。今回の大会には海外から過去最多の約7000人の県系人が訪れた。

 閉会式には海外や県内外から約1万5000人(主催者発表)が参加。大会実行委員会長の翁長雄志知事が毎年10月30日を『世界のウチナーンチュの日』と制定することを宣言した。ウチナーンチュとして互いの絆を深め、5年後の再会を誓い合った。

 翁長知事は「沖縄を愛するすべての人々が心を一つにすることを祝福し、ウチナーンチュであることを誇りに思うことを心から願う。それぞれの在住国に帰られてからも、なお一層活躍されることを期待する」と述べ、英語とスペイン語、ポルトガル語、しまくとぅばで感謝の意を表した。

 鶴保庸介沖縄担当相は「沖縄の秘めた可能性を生かした、沖縄が地方創生のモデルとなることを目指し、沖縄振興に取り組む。世界のウチナーンチュと活力ある沖縄の未来を切り開いていきたい」と話した。

 さらに、第5回世界若者ウチナーンチュ大会の玉元三奈美実行委員長が「若者宣言」をしたほか、ペルー沖縄県人会の屋良アルトゥーロ会長、次世代代表でブラジル3世の松本カリナ沙登美さんがあいさつを述べた。

 グランドフィナーレでは、かりゆし58やディアマンテス、BIGINら県出身のアーティストが沖縄をテーマにしたそれぞれの代表曲を熱唱し、ステージは大いに沸き上がった。最後は出演者全員がステージにそろって「かりゆしの夜」を合唱し、グラウンドに躍り出た参加者と一体となってカチャーシーで締めくくった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!