07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
産業・経済
2016年12月25日(日)9:02

社会福祉意識を学ぶ/多良間中

萌木の里で体験


実際に車いすを体験する生徒ら=21日、萌木の里

実際に車いすを体験する生徒ら=21日、萌木の里

 【多良間】多良間中学校(本村晃則校長)の1年生12人は21日、村社会福祉協議会(萌木の里)で福祉学習を行った。この体験学習は、社会福祉協議会の職員から福祉の基本について学び福祉の基礎となる、一人一人を尊重する姿勢を身に付けることをねらいに毎年行っている。

 社協の長崎正幸事務局長は「たくさんの体験と高齢者との交流を体験し、学んでください」とあいさつした。

 生徒らは実際に車いすに乗り介護体験をしたり、アイマスクを着け、実際に歩行するなどの体験をおこなった。

 新里力さんは「アイマスクなどの器具を装着すると何も見えない、聞こえない。耳が不自由であることは大変と思った」と語った。

 また、この日長崎事務局長による▽きょうから始める、人に好かれる心がけ▽どうしたら生きる力が強くなれるか-のワークシートが行われた。

 生徒らはグループに分かれ課題について話し合いながらメモしていた。

 長崎事務局長は生徒たちに「2年後に15の島立を迎えると思うが、人と人のつながり、相手を思いやる気持ち、わからないこと、出来ないことを恥ずかしがらないでやる。悩んだら相談をすることを身につけて頑張ってほしい」と呼びかけた。

 この日、生徒らは施設にいるお年寄りとレクリエーションを楽しんだ。生徒を代表し宮国穂乃夏さんが「貴重な体験ができ良かったです」と礼を述べ、長崎事務局長に手作りの寄せ書きのプレゼントを贈った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!