07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
政治・行政
2017年3月30日(木)9:06

消石灰で一斉消毒

家畜伝染病の侵入防止/対策協


畜舎の入り口を消石灰で消毒する参加者ら=29日、島尻地区

畜舎の入り口を消石灰で消毒する参加者ら=29日、島尻地区

 宮古家畜損害防止対策協議会(川上政彦会長)は29日、下地地区と平良島尻地区の畜舎で口蹄疫などの特定家畜伝染病の侵入を防ぐために、消石灰で一斉消毒した。2カ所合わせた畜舎は100軒。消石灰は1袋20㌔あり、全体で150袋分の総量3000㌔を散布して消毒を徹底した。

 宮古家畜市場での出発式で、川上会長は「一昨年から宮古島市への海外クルーズ船が寄港しており、地域経済発展の起爆剤として期待されているが、その一方で、海外からの口蹄疫ウイルスの侵入や口蹄疫発生が非常に危惧されている」と指摘した。

 また「東アジアでは、口蹄疫が極めて頻繁に発生しており、物流がグローバル化する中、本病が宮古島に侵入・発生してもおかしくない状況である。万が一、口蹄疫が発生した場合、宮古島地域の畜産は壊滅的被害を受けることが想定され、地域経済や市民生活への重大な影響が出ると考えられている」と述べ「宮古島に口蹄疫ウイルスは絶対侵入させない」と一斉消毒の重要性を強調した。

 次いで宮古家畜保健衛生所の砂川尚哉班長が、平良港などの水際対策だけでなく、畜舎への消毒の大切さを訴えた。

 この日は約20人が参加。四つのグループに分かれて消毒作業を実施。全員が白い防護服やメガネ、手袋、長靴を装着し消石灰を使って消毒した。消石灰は細菌やウイルスを効果的に死滅させる消毒資材とされる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!