06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
イベント スポーツ
2017年4月24日(月)9:06

絆の再戦、笑顔で区切り/鷲津と酒井

引退、復帰レース重なる


互いの健闘をたたえ合う鷲津奈緒美(右)と酒井絵美=23日、市陸上競技場

互いの健闘をたたえ合う鷲津奈緒美(右)と酒井絵美=23日、市陸上競技場

 ライバルであり、良き親友-。現役復帰レースを制した鷲津奈緒美と引退レースで2位の酒井絵美。2人は導かれるように宮古島大会で再戦を果たし、熱いレースを繰り広げた。

 9年ぶりに公式レースに戻った鷲津。練習再開に当たっては、酒井に指導を仰いだ。酒井は快く引退レースで戦うであろう強敵の復帰を歓迎。効率的に負荷を掛けるトレーニングの内容を余すことなく伝えた。

 図らずも、鷲津の現役復帰と酒井の引退レースが宮古島大会で重なった。鷲津が「運命を感じた」と振り返れば、酒井も「何かの縁を感じた」と語り、互いに強い結び付きを思った。

 レースは先行する鷲津を酒井が追う展開に。最終的に鷲津が逃げ切り、3度目の優勝を飾った。くしくも酒井の優勝回数と並んだ。

 鷲津は「酒井さんは『奈緒美が出ないと楽しくないんだ』と言ってくれた。奈緒美が出ると刺激になって楽しいと。レースに間に合って本当に良かった」と声を詰まらせた。

 2位でゴールする酒井をゴールで迎えると、2人は抱き合って互いの健闘をたたえ合った。

 敗れた酒井の表情はさわやかだった。「敗れたことは悔しいかな。でも良い意味ですっきりしている。彼女の復活がうれしかった」と笑った。「彼女から『長い間お疲れさま』という言葉があった。『長い間競技を続ける酒井さんのすごさを実感した』という言葉もいただいた。本当にうれしい言葉だった」と鷲津のねぎらいに感謝を込めた。

 宮古島大会で競い、力と技を高め合った2人。誰よりも好きな大会で、一つの区切りを迎えた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!