06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
産業・経済
2017年5月9日(火)9:06

「琉美乃花」が1位/16年度宮古地区

「光北福」4位に後退/県種雄牛精液払い下げ本数


2016年度精液払い下げ本数第1位は琉美乃花。注目の光北福は4位だった(写真は2016年度肉用牛競りの様子)

2016年度精液払い下げ本数第1位は琉美乃花。注目の光北福は4位だった(写真は2016年度肉用牛競りの様子)

 県宮古家畜保健衛生所は6日までに、宮古地区における2016年度県有種雄牛の精液払い下げ本数をまとめた。第1位は久米島生まれの「琉美乃花」(くみのはな)。同年の県種雄牛選抜を受けて1405本を販売、前年の130本から急伸した。前回1位で宮古島市生まれの「光北福」は4位に後退したが、琉美乃花や、2位の「福福波」の父は宮古島市で生産された名牛「北福波」。一般配布を終了した今もなお、その名を轟かせている。

 県種雄牛凍結精液の払い下げ本数は、2008年度から14年度まで北福波が7年連続で1位だった。払い出し本数は13万本以上とされ、歴代県種雄牛の中で最も利用された名牛だ。

 北福波の精液の一般配布が終了すると、15年度は光北福が第1位に。父に北福波、母の父に金幸、祖母の父に平茂勝という優れた血統を有し、子牛生産能力検定で歴代県有牛最高の肉質上物率を記録して県種雄牛に選抜された。これを受け同年度は1885本の払い下げ実績を残した。

 翌年度は、光北福と同じように県種雄牛に選抜された琉美乃花の払い下げ本数が一気に伸びた。父に北福波を持つ系統で子牛生産能力も高いとあって多くの繁殖農家に支持された。2位は福福波、3位には「勝群星」が入っている。

 そのほか、富士久が220本で第5位、北福波が130本で6位、以下▽茂北福80本▽勝美福65本▽豊忠勝60本▽百合美津40本▽百合北30本-の順だった。

 前年度1位の光北福は245本の払い下げで4位に後退したが、本年度から枝肉が市場に出回るため、その成績によっては再び本数が増える可能性もある。

 光北福は枝肉重量、脂肪交雑(霜降り牛肉を生産する能力)の遺伝的能力が父の北福波を上回る実績を残しており、光北福を父とする子牛の競り価格の上昇も期待されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!