07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
教育・文化
2017年5月23日(火)9:06

お年寄りに学ぼう/実用方言普及講座

仲宗根さんが心構え説く


宮古方言を学ぶ受講者の皆さん=21日、市中央公民館

宮古方言を学ぶ受講者の皆さん=21日、市中央公民館

 宮古島市中央公民館の実用方言普及講座が21日開かれ、講師の仲宗根浩二さんが宮古方言を学ぶ心構えを説いた。仲宗根さんは「お年寄りが話す方言を聞いて耳を慣らし、自分のものにしてほしい」と話した。

 講座は、14日にスタート。方言普及ネットワーク代表の佐渡山力さんのほか、仲宗根さん、阪井秀和さん、下地達男さん、前川尚誼さん、仲地邦博さんの5人が講師を務める。毎週日曜日開催の計10回。

 第2回講座では「ミャークフツ(宮古口)を学習するに当たって」と題して仲宗根さんが指導した。

 はじめにミャークフツを使用する地域を紹介。宮古群島八つの島の方言に、それぞれ多少の違いがあることを説明した。また、「島ごとだけではなく、島の中でも地域によっては違う話し方もある」とミャークフツの奥深さに触れた。

 ミャークフツを学ぶ心構えとしては、「話し手の方言をよく聞いて、どんな発音、音声かを正確に聞き取ること」と助言。若い人が話す方言よりも「お年寄りの言葉遣いをしっかり聞いて耳を慣らしてほしい」と話し、正確に方言を話す人との会話を勧めた。

 また、「聞いた音声を書き留めておくことも大切なこと。記録することで思い出せる」と話し、録音なども併用し、繰り返し発声の練習をするよう促した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!