2016年8月27日(土) 9:05

再生エネ事業採択を報告/宮古空港ターミナル

下地社長 県のモデル事業を要望


環境省に採択された自社事業を安慶田副知事(左)に報告する下地社長=26日、県庁

環境省に採択された自社事業を安慶田副知事(左)に報告する下地社長=26日、県庁

 【那覇支社】宮古空港ターミナルの下地義治社長らは26日、県庁に安慶田光男副知事を訪ね、同社の「宮古空港地域再エネ水素社会構築モデル事業」が、7月に環境省の「2016年度地域再エネ水素ステーション導入事業」として採択された審査結果を報告した。


 その中で、下地社長は「今までの太陽光発電に、(次年度は)風力発電も加えて、空港ターミナルビルの電気を全て自然エネルギーでやっていきたい。県のモデル事業として、(沖縄振興)一括交付金でやってほしい」と要望した。


 安慶田副知事は「ターミナル社だけでやるのがモデル事業といえるのか。この事業を県内に拡大した場合、沖縄電力との問題も出てくる。宮古島市の支援・提携や事業の費用対効果なども含めて疑問が残る。一括交付金も概算要求でカットされいる状況にあるが、今後、関係部局と詰めていきたい」と話した。


 宮古空港の旅客ターミナルを運営する宮古空港ターミナルによる事業では、スマート水素ステーション(水素製造量1・5㌔/日、常用圧力MPa)が導入される。水素製造に必要な電力は経済産業省の補助事業で導入した、独立分散型再生可能エネルギー(太陽光発電)も活用する。17~19年度の概算事業費は17億円となる。


 この事業では、陸路で充填可能な既存水素ステーションは存在しないことから、沖縄本島や他の離島への使用地域の拡充が期待される。


 また、年間約134万人の空港乗降客へのFCV(燃料電池車)体験試乗や、環境をテーマとした音楽イベントの音響機器電源をFCV外部給電により、観光客や住民への普及拡大を図る計画になっている。


 環境省の同事業は、低炭素な水素社会を実現し、燃料電池自動車の普及・促進を図るため、再生可能エネルギー由来の水素ステーションの導入を加速させることを目的にしている。

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2016年8月
    « 7月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2