2011年8月25日のニュース一覧

2011年8月25日(木) 09:00 [企画・連載, 行雲流水]

宮古島市に国から入る普通交付税(行雲流水)



 宮古島市に国から入る普通交付税127億円が決定した。県内市町村の中では最高額だ。合併特例が加算された結果だという。素直に、合併してよかったと思いたい

(全文を表示…)

2011年8月25日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

井上、譜久村さんに感謝状/海上保安署

池間沖で漂流者を救助


栗谷署長(前列中央)から感謝状を受けた譜久村さん(同左)と井上さん(同右)=24日、平良港湾合同庁舎

栗谷署長(前列中央)から感謝状を受けた譜久村さん(同左)と井上さん(同右)=24日、平良港湾合同庁舎

 宮古島海上保安署(栗谷美則署長)は24日、シュノーケリング中に池間島沖に流され漂流していた女性(53)=兵庫=を救助した井上一夫さん(64)=平良字池間=と譜久村明さん(50)=同=に感謝状を贈った。

(全文を表示…)

2011年8月25日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 環境・エコ, 社会・全般]

不法投棄ごみ量8310㌧/宮古地区10年度

「県全体の7割占める」


不法投棄の実態を確認して今後の対策を協議するネットワーク会議=24日、宮古福祉保健所

不法投棄の実態を確認して今後の対策を協議するネットワーク会議=24日、宮古福祉保健所

 宮古福祉保健所管内の廃棄物不法処理防止ネットワーク会議が24日、同所で開かれた。2010年度の不法投棄の実態が示され、宮古地区の不法投棄ごみの重量は8310㌧だった。前年度の1万4877㌧より減少しているが、同所担当課では「県全体の不法投棄の6~7割を占めると予想している」とし、宮古地区における不法投棄の多さを指摘した。生活から出るごみを含む一般廃棄物が全体の6割を占めており、市民のモラルが問われている。

(全文を表示…)

2011年8月25日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

初の沈設型人工魚礁が完成/関係者が安全祈願

稚魚の保育場で7基


関係者らが神酒で沈設型人工魚礁を清めた=24日、池間漁港

関係者らが神酒で沈設型人工魚礁を清めた=24日、池間漁港

 鋼製人工魚礁(別名パヤオ)3基の沈設を翌日に控えた24日午後、池間漁港で安全祈願祭が行われた。長濱政治副市長、伊良部漁協の友利義文組合長、池間漁協の浜川洋美組合長、請負業者ら5人が神酒で魚礁を清め、カツオ一本釣り漁業の活き餌となる稚魚の集魚効果に期待を寄せた。宮古で沈設型人工魚礁が設置されるのは今回が初めてとなる。

(全文を表示…)

2011年8月25日(木) 09:00 [お母さんと一緒, 企画・連載]

室外機に夢中

 

▽内間 陽仁くん(うちま はると)(3つ)
▽貫太くん(かんた)(1つ)
▽お母さん・有希子さん(ゆきこ)


内間 陽仁くん・貫太くん・お母さん・有希子さん

 内間家を訪ねると、笑顔で出迎えてくれた陽仁くんと貫太くん。いろんなものに興味津々で、取材中もあっちに行ったり、こっちに行ったり元気いっぱいだ。

(全文を表示…)

2011年8月25日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

トラック1台キビ潅水料金/宮古は伊良部より500円高

農家負担の違いで不満の声


 宮古地区トラック事業協同組合(奥濱貞夫理事長)は宮古や来間、池間島のサトウキビへの大型トラックによる潅水料金を1台(10㌧)当たり3500円に設定。先行している伊良部地区では同組合伊良部支部(下地利一支部長)が、1台3000円で実施している。市の補助金は両地区ともに1台2000円だが、農家負担金は料金の差異により伊良部が1000円、宮古島が1500円と宮古島が高い。農家負担について宮古島の一部の農家からは「伊良部と同じ金額にすべき。伊良部と比べて宮古島には給水施設が多く畑と往来する燃料費は安くつく。道路事情にも恵まれており、高い料金はおかしい」と不満の声が出ている。宮古島などでの潅水は、26日から実施する予定。仮に予定通りの場合「不平等」との批判は避けられないとみられ、組合の譲歩が求められそうだ。料金設定までの経過を追った。

(全文を表示…)

2011年8月25日(木) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

平良図書館の歴史記す/跡地にモニュメント



旧平良図書館跡地に設置されたモニュメント

旧平良図書館跡地に設置されたモニュメント

 宮古島市は、旧平良図書館跡地に整備された駐車場の一角に残る緑地部分にこのほど、同図書館の歴史を伝えるモニュメントを設置。宮古琉米文化会館として建設されてから平良図書館となるまでの歴史と、建物の変遷を伝える写真3点が紹介されている。

2011年8月25日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

口蹄疫侵入を防げ/関係機関が想定訓練

農場消毒など本番さながら


防護服を着用して本番さながらの消毒作業を行う演習参加者=24日、宮古合同庁舎

防護服を着用して本番さながらの消毒作業を行う演習参加者=24日、宮古合同庁舎

 県農林水産部が主催する宮古地区での口蹄疫防疫実働演習が24日、県宮古合同庁舎とJAおきなわ宮古家畜市場で行われた。県、宮古島市、多良間村の行政機関ほかJAや生産者団体などから約80人が参加し、家畜に甚大な被害を及ぼす口蹄疫について認識を共有。演習では口蹄疫が実際に侵入したことを想定し、防疫ステーションの設置や運営、農場消毒など本番さながらの実働訓練を通して関係機関の連携強化と防疫体制の確立を図った。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年7月1日現在

    宮古島市 54,072 人
    27,056 人
    27,016 人
    世帯数 26,654 軒
    多良間村 1,173 人
    628 人
    545 人
    世帯数 519 軒
  • 天気


  •  

    2011年8月
    « 7月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2