2011年10月24日のニュース一覧

2011年10月24日(月) 23:08 [行雲流水]

TPP(行雲流水)

 スーザン・ジョージ著『なぜ世界の半分が飢えるのか』(食糧危機の構造)は、低開発国の食糧不足の構造を詳細に検証している。それによると、無数の人々が食糧難に苦しんでいるのは、過剰人口や天候異変などに起因するのではなく、世界の食糧を手中に収め、それを操りながら巨額の利益を得ている多国籍企業(農業会社)こそが元凶である

(全文を表示…)

2011年10月24日(月) 09:00 [イベント]

誘客促進に協力を/大阪で観光感謝祭

関連企業200人招待し


 第14回沖縄宮古観光感謝祭(主催・宮古島市、宮古島観光協会)が21日、大阪吹田市のホテルで開かれた。航空会社や観光関連企業などから約200人を招待し、これまでの観光誘客に感謝の気持ちを表すとともに、さらなる誘客促進に協力を求めた。感謝祭は、宮古島の文化や特産品、観光名所などを紹介し、入域観光客の増加につなげることなどが目的。東京と大阪で交互に開かれている。

(全文を表示…)

2011年10月24日(月) 09:00 [社会・全般]

デートDVへの理解を/宮古福祉保健所

防止対策講座を開催


多くの関係者らが参加して行われたデートDV防止対策講座=23日、宮古福祉保健所

多くの関係者らが参加して行われたデートDV防止対策講座=23日、宮古福祉保健所

 宮古福祉保健所(仲宗根正所長)は23日、支援者のためのデートDV防止対策講座を開いた。NPO法人「にじいろCAP」代表理事の重永侑紀さんらが講話し、「当事者の視点で見なければ、援助が独りよがりになってしまう」と語った。思春期の子どもや暴力に関する相談・支援に携わる関係者ら約20人が参加し、講話に耳を傾けた。

(全文を表示…)

2011年10月24日(月) 09:00 [イベント, 教育・文化]

入賞者に賞状贈呈/市民総合文化祭表彰式

文芸、写真部会


文芸、写真の両部会で入賞した皆さん=23日、市中央公民館

文芸、写真の両部会で入賞した皆さん=23日、市中央公民館

 第6回宮古島市民総合文化祭(一般の部)の表彰式が23日、市中央公民館で行われた。文芸と写真の両部会で市長賞などに輝いた入賞者に賞状が贈られた。

(全文を表示…)

2011年10月24日(月) 09:00 [地域・暮らし]

「相手に思いやりの心を」/人権啓発講演会

いっこく堂さん、腹話術で訴え


会場にはたくさんの市民が詰め掛け、いっこく堂さんの腹話術と人権講話に聞き入った=23日、マティダ市民劇場

会場にはたくさんの市民が詰め掛け、いっこく堂さんの腹話術と人権講話に聞き入った=23日、マティダ市民劇場

 北谷町出身で腹話術師のいっこく堂さんが講師を務める人権啓発講演会(主催・宮古島市、宮古地区人権啓発活動地域ネットワーク協議会)が23日、マティダ市民劇場で行われた。会場にはたくさんの市民が詰め掛け、「思いやりの心」と「優しい気持ち」を持つこと大切さを訴えるいっこく堂さんの講話内容に聞き入ったほか、世界中から高い評価を受けている腹話術を楽しんだ。

(全文を表示…)

2011年10月24日(月) 09:00 [イベント]

下地の心意気示す/下地フェスティバル

アーグ大会など多彩に


各地区の伝統芸能が披露された後は会場の参加者全員で「下地原ぬクイチャー」を踊り祭りを盛り上げた=23日、下地池原公園

各地区の伝統芸能が披露された後は会場の参加者全員で「下地原ぬクイチャー」を踊り祭りを盛り上げた=23日、下地池原公園

 下地フェスティバル(主催・下地地区地域づくり協議会)が23日、市役所下地庁舎前の池原公園で開催された。多くの住民が伝統芸能発表会に出演し、地域文化の継承を誓った。そのほか、方言ほら吹き大会、崎田川アーグ大会、部落対抗リレー、のど自慢など多彩なイベントが催され、祭りは終日大盛況だった。地域住民以外の市民も多数来場し、下地で長く受け継がれてきた伝統芸能を堪能しながら秋の祭りを満喫した。

(全文を表示…)

2011年10月24日(月) 09:00 [地域・暮らし]

「団結」の歴史、記念碑に/高野入植50周年を祝う

式典・祝賀会を挙行 半世紀振り返る


地域住民や受賞者らがそろい記念撮影=23日、高野集落農事集会所

地域住民や受賞者らがそろい記念撮影=23日、高野集落農事集会所

 1961年に多良間村水納島の18戸と大神島の17戸、宮古島5戸の計40戸から275人が集団入植した高野集落は、入植50周年の節目を迎え23日、同集落農事集会所で記念式典と祝賀会を開いた。式典には住民や行政、政界の関係者らが出席し、開拓時の苦労など半世紀の歩みを振り返るとともに今後を展望した。歴代自治会長や高額寄付者を表彰。50周年記念碑の除幕を行い節目を飾った。祝賀会は、多彩な余興で盛り上がった。