2012年3月21日のニュース一覧

2012年3月21日(水) 23:04 [お母さんと一緒]

「将来は親子でマラソン」

▽安里 直太朗(あさと なおたろう)くん(4つ)
▽お父さん・直和さん


安里 直太朗(あさと なおたろう)くん(4つ)お父さん・直和さん

安里 直太朗(あさと なおたろう)くん(4つ)お父さん・直和さん

 お父さんとよく戦隊ヒーローごっこをして遊ぶ直太朗くん。ヒーローになりきってパンチやキックを繰り出すが、お父さんはいつも本気で相手をするため、一度も勝ったことがない。でも、毎日のように楽しくお父さんに勝負を挑んでいる。

(全文を表示…)

2012年3月21日(水) 22:51 [行雲流水]

「知的障害者雇用」(行雲流水)

 武田鉄矢のテレビ番組で、知的障害者を雇用して成功している会社が紹介されていた。従業員数74人のうち55人が知的障害者。障害者でも、自分が興味のある分野ではすぐれた集中力と持続力を発揮するという

(全文を表示…)

2012年3月21日(水) 09:00 [イベント]

和太鼓ユニットが演奏/高校生島サミット

初のPRイベント開催


大迫力の演奏を披露する「仁王」の2人=19日、響和楽器

大迫力の演奏を披露する「仁王」の2人=19日、響和楽器

 5月開催の高校生太平洋・島サミットに向けての初のPRイベント「島サミットライブ」が19日夕、市内のホールで行われた。スペシャルゲストの和太鼓ユニット「仁王」が迫力の演奏を披露。トークショーも行い、高校生と交流を深めた。

(全文を表示…)

2012年3月21日(水) 09:00 [地域・暮らし]

涼しい省エネ住宅を/鈴木氏、小浦氏

エコハウスのデータ基に 宮古に合った住まい提案


講演に耳を傾ける参加者たち=20日、市中央公民館

講演に耳を傾ける参加者たち=20日、市中央公民館

 宮古に合った住まいのあり方を提案する講演会(主催・市企画政策部エコアイランド推進課)が20日、市中央公民館であった。国土交通省政策参与の鈴木大隆氏は、地域の住宅は地域で考え、地域でつくり育てることが大切と強調。透湿外断熱システム協議会技術委員の小浦孝次氏は、市のモデルエコハウスで実測した室内気温のデータなどを基に、宮古島での住まいづくりについて提案した。

(全文を表示…)

2012年3月21日(水) 09:00 [産業・経済]

今月末に主航路部到着/伊良部大橋

全長420㍍、来月から架設工事


県と市が合同で港湾利用者への説明会を開いた=19日、宮古島マリンターミナル研修室

県と市が合同で港湾利用者への説明会を開いた=19日、宮古島マリンターミナル研修室

 建設が進められている伊良部大橋の中央部にあたる主航路部が今月30日~31日に平良港に入港することが20日、分かった。同主航路部は全長420㍍あるが、本体を3つ(140㍍ずつ)に分けて作製を完了しており、最中央部に当たる橋桁は現在、台船で一時停泊する那覇新港向け航行中だ。今月末に平良港下崎埠頭に台船を接岸して来月4日に陸揚げ。引っ掛け部分(セッティングビーム)などの取付作業を行う。同港下崎地区(ヤード・岸壁)は巨大構造物の工事によって占有されるため19日夕、県と宮古島市は合同で平良港港湾施設利用者向けの説明会を開いた。

(全文を表示…)

2012年3月21日(水) 09:00 [地域・暮らし]

大型クルーズ船が初寄港/英国船籍「サガルビー」

下崎埠頭で出航セレモニー


出航セレモニーでエイサーを披露するちびっこらんどの子どもたち=20日、下崎埠頭

出航セレモニーでエイサーを披露するちびっこらんどの子どもたち=20日、下崎埠頭

 英国船籍の大型クルーズ客船「サガルビー(Saga Ruby)」(2万4292㌧、全長191・1㍍)が20日朝、乗客約500人を乗せ初めて宮古島に寄港した。同日午後3時に台湾に向け出航した。外国船籍の大型クルーズ船が宮古島に寄港するのは08年のスーパースター・リブラ以来4年ぶり。

(全文を表示…)

2012年3月21日(水) 09:00 [社会・全般]

佐久川さん(伊良部商工会)最優秀賞/若い経営者主張、県大会へ

最優秀賞の賞状を手に喜ぶ佐久川さん=20日、伊良部

最優秀賞の賞状を手に喜ぶ佐久川さん=20日、伊良部

 第27回県商工会青年部連合会先島支部部員研修会・若い経営者の主張発表大会(主催・同支部)がこのほど、石垣市商工会館で開かれ、宮古島市伊良部商工会青年部代表で発表した、佐久川直仁さん(32)が見事最優秀賞に選ばれた。5月に開かれる県大会に先島代表として出場する。

(全文を表示…)

2012年3月21日(水) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

学校統合 基本方針見直しへ/市教委

地元住民の反発受け/説明会のあり方も検討


 市教育委員会(宮國博委員長)の臨時委員会が19日、市役所城辺庁舎で行われ同委員会が策定した「学校統合基本方針」について、住民説明会での強い反発などを受け見直すことを正式に決定した。今後について、川満弘志教育長と宮國委員長は、市議会3月定例会の一般質問の中で示していくとしている。

(全文を表示…)