2012年6月30日のニュース一覧

2012年6月30日(土) 22:33 [美ぎ島net]

11歳で移住、4世代50人に/石垣島の平良正一さん(87歳)

伊原間地域の立役者/平良ファミリー


若い頃から一緒に漁を営んできた。今でも仲のいい正一さんとキヨさん(子ども6人、孫19人、ひ孫23人)

若い頃から一緒に漁を営んできた。今でも仲のいい正一さんとキヨさん(子ども6人、孫19人、ひ孫23人)

 久松五勇士上陸の地として知られる石垣市伊原間で、平良西仲宗根生まれの平良正一さん(87)は子どもたちと民宿を営みながら地域活性の立役者として知られる。正一さんを筆頭に妻キヨさん(83)、次男の正吉さん(61)、妻八重子さん(59)、その息子の正樹さん(長男)と真樹さん(次男)が力を合わせて海上観光や海人(ウミンチュ)料理など、地の利を生かした観光事業に力を入れる。

(全文を表示…)

2012年6月30日(土) 22:23 [ニュースウィークリー]

6月24日~6月30日

ニュースウィークリー
6月24日~6月30日


平和の尊さ語り継ぐ/戦後67年 慰霊の日

 太平洋戦争末期の沖縄戦で県民の約4分の1が犠牲になったとされる沖縄県は23日、戦後67年目の「慰霊の日」を迎えた。宮古島市と多良間村など県内各地では戦没者を追悼する慰霊祭が行われた。遺族や地域住民らが戦争の犠牲となった人たちの冥福を祈るとともに、恒久平和を強く願った。(6月24日掲載)

(全文を表示…)

2012年6月30日(土) 22:19 [人生雑感]

理想的父親像、父親の役割は何ですか

日本親業協会親業インストラクター 福里 盛雄


1 今日の社会の秩序の乱れの大半は父親の責任である


 今日の子供たちは、自制力を失っている子が多い。それは今日の社会の病的弊害に起因すると簡単に片付けるのが、一般的な考え方である。しかし、それでは社会は改善しません。どんな社会でも、その社会に対して人間として歩むべき道からはずれないように、子供には積極的建設的に生きる力を身につけることが大切である。

(全文を表示…)

2012年6月30日(土) 09:00 [産業・経済]

宮古島漁協324万円の赤字/両漁協で総会

製氷機故障が要因/池間は氷販売急増で黒字


活発な質疑応答があった総会=29日、宮古島漁協

活発な質疑応答があった総会=29日、宮古島漁協

 宮古島漁協(小禄貴英組合長)と池間漁協(浜川洋美組合長)の総会が29日、それぞれの会場で開かれた。2011年度貸借対照表・損益計算で、宮古島漁協は324万9000円の赤字を計上し、累積赤字は2億7178万9000円に膨らんだ。一方、池間漁協は335万8000円の黒字決算となり、累積赤字は5197万1000円に縮小した。

(全文を表示…)

2012年6月30日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

保育所から介護施設に/「ぷくんみ」開所祝う

地域密着型介護の拠点


 平良隆市議会議長は、在宅介護支援の一翼を「ぷくんみ」が担い、年寄りが安心して住める社会にしてほしいと祈念した。

 平良隆市議会議長は、在宅介護支援の一翼を「ぷくんみ」が担い、年寄りが安心して住める社会にしてほしいと祈念した。

 城辺新城の旧福嶺保育所を改修した小規模多機能型居宅介護事業所「ぷくんみ」(知念真弓管理者)が29日開所した。生活支援や介護を要する高齢者が住み慣れた地域で、長年培った人間関係や生活環境を維持しながら生活していけるよう配慮した地域密着型施設。開所式には、地域住民や行政の関係者らが集い、業務の開始を祝った。

(全文を表示…)

2012年6月30日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

支援室「ゆい」の利用者倍増/発達障害連絡会議

11年度は217人 相談、支援は延べ1136件に


今年度の取り組み予定などを確認する参加者たち=29日、市役所平良庁舎

今年度の取り組み予定などを確認する参加者たち=29日、市役所平良庁舎

 2012年度発達障害児(者)に関する連絡会が29日、市役所平良庁舎で開かれた。市発達障害児(者)支援室「ゆい」の11年度実績は支援実数が217人、延べ相談・支援件数は1136件だったことを担当職員が報告。前年度比でいずれも2倍近い大幅増となった。12年度事業計画としては新たに障害児(者)の親を対象とした教室を開催することなどが説明された。

(全文を表示…)

2012年6月30日(土) 09:00 [産業・経済]

債務超過は17億500万円/宮古島マリン社

市長、9月めどに方針決定/第22期定時株主総会開く


 宮古島市などが出資する第3セクターの宮古島マリンターミナル社(社長・下地敏彦市長)の第22期定時株主総会が29日、平良港ターミナルビルで開かれ、2012年3月期計算書類(11年4月1日~12年3月31日)や取締役選任など四つの議案について決議した。下地市長は、懸案だったホテル棟を8億3000万円で宮古島シティアンドリゾートに売却したことなどを報告した。同社は依然、17億500万円の債務超過に陥っているが総会終了後、下地市長は「現在、民事再生の可能性を探っているところだ」と述べ、9月をめどに存続か否かの方針について決定する考えであることを明らかにした。

(全文を表示…)

2012年6月30日(土) 09:00 [イベント]

最優秀賞に来間清典さん/第19回鳴りとぅゆんみゃ~く方言大会

7人が熱弁、会場爆笑の渦


最優秀を受賞した来間さん(前列中央)と大会に参加した弁士=29日、マティダ市民劇場

最優秀を受賞した来間さん(前列中央)と大会に参加した弁士=29日、マティダ市民劇場

 毎年恒例となった「鳴りとぅゆん(鳴り響く)みゃ~く(宮古)方言大会」(主催・市文化協会)の第19回大会が29日夕、マティダ市民劇場で開催され、今年も多くの観衆を集め、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。今年は7人の弁士が登壇し、日常生活の様子や思い出話しなどを巧みに宮古方言で表した。今年、最優秀(市長賞)に選ばれたのは上野高田の来間清典さん。「マラソンの歌」と題

弁士の演説に会場は終始、爆笑の渦に巻き込まれた

弁士の演説に会場は終始、爆笑の渦に巻き込まれた

して、故郷の高田集落の青年たちが弱かった地区対抗マラソンを勝利に導くまでのエピソードをおもしろおかしく表現した。

(全文を表示…)

2012年6月30日(土) 09:00 [地域・暮らし]

海洋生物図書25冊を寄贈/琉大サンゴ礁生物研究会リーフ

活動終了で市と多良間村に


市総合博物館と多良間村ふるさと民俗学習館に14万円相当の海洋生物図書25冊が寄贈された=29日、市総合博物館

市総合博物館と多良間村ふるさと民俗学習館に14万円相当の海洋生物図書25冊が寄贈された=29日、市総合博物館

 琉球大学サンゴ礁生物研究会リーフが29日、活動終了に伴い長年蓄えた部費で購入した海洋生物図書25冊(14万円相当)を市総合博物館と多良間村ふるさと民俗学習館にそれぞれ寄贈した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2012年6月
    « 5月   7月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2