2012年10月3日のニュース一覧

2012年10月3日(水) 23:30 [行雲流水]

「先月のニュースから」(行雲流水)

 宮古の経済を活性化する取り組みが活発になりつつあるようだ。先月の本紙報道記事から、いくつか取り上げてみたい

(全文を表示…)

2012年10月3日(水) 22:53 [お母さんと一緒]

兄弟仲良く

▽長浜 幸汰(こうた)くん(4つ)
▽諒汰(りょうた)くん(1つ)
▽お母さん・ゆかりさん


長浜 幸汰(こうた)くん(4つ)諒汰(りょうた)くん(1つ)お母さん・ゆかりさん

長浜 幸汰(こうた)くん(4つ)諒汰(りょうた)くん(1つ)お母さん・ゆかりさん

 お兄ちゃんの幸汰くんがおもちゃで遊んでいると、必ず弟の諒汰くんが割り込んでくる。お兄ちゃんのおもちゃはとても魅力的に見えるようで、横取りして絶対に離さない。「毎度のようにおもちゃの取り合いでケンカして、最後は幸汰が泣いて終わります」と笑顔で話すお母さん。

(全文を表示…)

2012年10月3日(水) 09:00 [産業・経済]

ピーマン苗を鉢上げ/上野の生産グループ

出荷目標は70㌧


ピーマンの苗を鉢上げする会員たち=2日、上野地区のハウス

ピーマンの苗を鉢上げする会員たち=2日、上野地区のハウス

 芳山辰巳さん(上野)を代表とするピーマン生産グループ(会員7人)は2日、苗の鉢上げを開始した。ハウスへの定植は11月、出荷開始は12月中旬ごろを見込む。今期の出荷は70㌧を目標にしている。

(全文を表示…)

2012年10月3日(水) 09:00 [産業・経済]

地下配線の供用開始/城辺線電線地中化

来週以降に電柱撤去


電柱撤去に向け電線が撤去された電柱=2日、県道平良城辺線

電柱撤去に向け電線が撤去された電柱=2日、県道平良城辺線

 沖縄電力は県道平良城辺線電線地中化事業のJAおきなわ宮古地区本部前から大和電工前の区間(片側0・92㌔、両側計1・84㌔)で、地下配線の供用を開始した。電柱撤去は来週以降を予定している。NTTと宮古テレビは電力より先行し、2009年9月に回線を地中化した。

(全文を表示…)

2012年10月3日(水) 09:00 [スポーツ]

砂川、岸本君が全国へ/障害者スポーツ大会

「メダル持ち帰る」/特支学校で推戴式


全国大会に出場する岸本君(左)と砂川君=2日、宮古特別支援学校

全国大会に出場する岸本君(左)と砂川君=2日、宮古特別支援学校

 第12回全国障害者スポーツ大会(12~15日、岐阜県)に県代表として出場する宮古特別支援学校(平良智枝子校長)の砂川良太君(高等部3年)と岸本恵斗君(同2年)の選手推戴式が2日、同校で行われた。全校児童、生徒が参加し、全国大会での活躍を期待した。2人は「自己記録更新を目指しメダルを持ち帰りたい」と意気込みを示した。2人はこれまでの実績が認められ県から推薦された。

(全文を表示…)

2012年10月3日(水) 09:00 [スポーツ]

宮高、完封リレーで4強/県高校野球秋季大会

九州大会出場へ王手


嘉手納打線を零封した久貝拓夢=2日、沖縄セルラースタジアム那覇

嘉手納打線を零封した久貝拓夢=2日、沖縄セルラースタジアム那覇

 高校野球の第62回県秋季大会は2日、沖縄セルラースタジアム那覇と北谷球場で準々決勝4試合を行った。宮高は山里弘一、久貝拓夢が嘉手納打線を完封し、7-0で快勝した。2年ぶり10度目の準決勝進出。宮高は6日、準決勝で宜野座と対戦し、決勝進出と九州大会出場を懸ける。

(全文を表示…)

2012年10月3日(水) 09:00 [社会・全般]

仲間さんが最優秀賞/JA青壮年大会

青年の主張 宮平さん優秀賞


最優秀賞の仲間さん(左から2人目)、優秀賞の宮平さん(同3人目)と関係者の皆さん=2日、JAおきなわ宮古地区本部長室

最優秀賞の仲間さん(左から2人目)、優秀賞の宮平さん(同3人目)と関係者の皆さん=2日、JAおきなわ宮古地区本部長室

 2012年度JAおきなわ青壮年大会(9月26日、那覇市)の青年の主張の部で仲間舞夢さん(26)=宮古地区青壮年部伊良部支部=が最優秀賞に輝き九州大会への切符を手にした。JAおきなわ組織活性部が同大会を管轄した04年以降の9年間で宮古勢は最優秀賞を7回獲得と、活躍がめざましい。宮平浩幸さん(24)=同平良支部=は、優秀賞を受賞した。

(全文を表示…)

2012年10月3日(水) 09:00 [政治・行政]

がん患者に渡航費助成へ/市議会一般質問3日目

島外での治療支援/市長が補助新設を表明


一般質問で答弁する下地市長=2日、市議会議場

一般質問で答弁する下地市長=2日、市議会議場

 開会中の宮古島市議会(平良隆議長)9月定例会は2日、一般質問の3日目を行い、6氏が市長の政治姿勢や市政運営について考えをただした。下地敏彦市長は、島外での治療が必要となる難病、がん患者に対する渡航費の助成を新設する考えを表明。下地島空港の自衛隊使用についてはこれまで通り容認しない考えを示した。亀浜玲子氏の質問への答弁。

(全文を表示…)