2020年8月2日のニュース一覧

2020年8月2日(日) 20:15 [未分類]

新型コロナ、市独自の検査センターを設置へ 下地市長

新たな感染受け クラスターの可能性否定せず


新たに3人の感染確認を受け、市独自の検査センター設置を表明する下地敏彦市長=2日、市役所平良庁舎

新たに3人の感染確認を受け、市独自の検査センター設置を表明する下地敏彦市長=2日、市役所平良庁舎

 新型コロナウイルスの感染者が宮古島市で新たに3人確認されたことを受け2日、下地敏彦市長は記者会見を行い、市の対応として新型コロナウイルス感染症電話相談室の設置と独自の検査センターの設置に向けて地区医師会と調整していることを発表した。


 下地市長は、感染が拡大したことについて危機感を募らせるとともに、感染者に接客業が含まれることでクラスターとなる可能性について「否定できない」との見解を示した。一方、現時点は接客を伴う飲食店への自粛要請については「考えていない」と否定した。


 2日に感染が新たに分かったのは、接客業2人と会社経営1人の計3人。同一店舗での感染の可能性について、下地市長は「県から詳しい情報は来ていないが(1店舗での感染について)可能性は否定できない」と説明した。宮古島市での感染確認は、累計で5人となっている。

2020年8月2日(日) 16:42 [社会・全般]

新型コロナ、宮古島市で新たに3人が感染

沖縄県は2日、宮古島市で新型コロナウイルスの感染者が新たに3人確認されたと発表した。同市での感染は、合計5人となった。

県によると、新たに感染したのは接客業の女性(20代)、会社経営の男性(30代)、接客業の男性(20代)。

2020年8月2日(日) 09:00 [社会・全般]

新たな感染確認に危機感/宮古島市民

不要不急の外出自粛には理解


職員の感染判明で利用客へ業務休止を告知する張り紙=1日、宮古郵便局

職員の感染判明で利用客へ業務休止を告知する張り紙=1日、宮古郵便局

宮古病院に勤務する女性に続き、新たに宮古郵便局の男性社員が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。多くの人が利用する施設での感染確認。市民の間では「さらに感染が広がるのでは」と危機感を募らせている。県は7月31日に緊急事態宣言を発出、下地敏彦市長は不要不急の外出自粛を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2020年8月2日(日) 08:59 [産業・経済]

イセエビ漁が解禁/旬の味、キロ最高値5000円

生きのいいイセエビ(左)とセミエビ(右)。手前はゆでたイセエビ=1日、平良のレストラン「海の幸」

生きのいいイセエビ(左)とセミエビ(右)。手前はゆでたイセエビ=1日、平良のレストラン「海の幸」

 県内のイセエビ、セミエビ漁が1日、解禁となり、宮古では生きのいいエビが水揚げされ活気づいた。宮古島漁業協同組合の解禁初日の競りでは、キロ単価の最高値が5000円で競り落とされた。上場した漁師らは満足した様子で笑顔を見せていた。

(全文を表示…)

2020年8月2日(日) 08:58 [環境・エコ]

アオウミガメふ化/多良間島北海岸

大海原目指しヨチヨチ


大海原を目指し砂浜を歩き出すアオウミガメの子ガメ=7月25日、多良間島の北海岸(通称・仲泊トゥブリ西側の浜)

大海原を目指し砂浜を歩き出すアオウミガメの子ガメ=7月25日、多良間島の北海岸(通称・仲泊トゥブリ西側の浜)

 【多良間】多良間島の北海岸で7月25日、絶滅危惧種に指定されているアオウミガメの卵がふ化した。多良間中学校1年生の清村一生君(12)が発見し、撮影したもので約30匹ほどがふ化して、海を目指して砂浜をヨチヨチと歩き、たどり着くと元気に泳いで行ったという。

(全文を表示…)